10月 2019月アーカイブ

インスリンとは? インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種である。名前はラテン語のinsula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながっている。C…

続きを読む

インナーマッスルとは? インナーマッスルやアウターマッスルという呼び方はトレーニングやエクササイズの用語として使われることが多いです。インナーマッスルとは身体の深いところに位置する筋肉で深層筋のことを指します。インナーマッスルに対してアウターマッスルは、身体の表面に位置する筋肉のことを指し、表層筋の…

続きを読む

HIITって何? HIITとは、高強度インターバルトレーニング(High Intensity Interval Training)の略で、強度の高い運動と、少しの休憩を交互に繰り返し行うトレーニング法のことです。このトレーニング法は「キツイ!」という声が多いことでも話題ですが、短時間で体に良いさまざ…

続きを読む

インターバルトレーニングっていったい何? インターバルトレーニング(英: interval training)とは、不完全回復を挟みながら運動(中強度〜高強度)を繰り返すトレーニング方法。元々は陸上競技中長距離においてスピードを持続する能力向上のために開発された方法である。その後、様々なスポーツにお…

続きを読む

アライメントっていったい? アライメントとは、骨の並び(配列)のことで、骨格のカタチのことを言います。出典:https://ameblo.jp/yu1miya/entry-11275630495.html 線に整えるという意味から、フィットネスでは身体が機能的に働く位置に筋・骨がある状態のことを指す…

続きを読む

アミノ酸とは? アミノ酸(アミノさん、英: amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子…

続きを読む

コンパウンド種目ってなに? 複合関節種目ともいい、複数の関節、複数の筋肉を使ってトレーニングを行う種目のことです!!このコンパウンド種目を知っていると、効率よく早く筋肉を鍛えることができます!出典:https://ameblo.jp/kan-physique/entry-12436638853.ht…

続きを読む

アイソレート種目とは? 単一の筋あるいは筋群を、隣接する筋群を稼働させずに行うトレーニング種目のことで、ウェイトトレーニングの種目ではレッグ・エクステンションやチェストフライなどがこれに該当します。メリットとしては稼働する筋や筋群が限定的なので、意識を集中しやすいところや、ピンポイントで刺激を与える…

続きを読む

エネルギー代謝とは? エネルギーの立場からみた生体全体とか細胞の物質変化 (新陳代謝) の総称。その大きさは活動状態により差があり,安静時の代謝を基礎代謝という。生体は化学エネルギーに富む高分子を栄養物として摂取し,酸化分解して機械的エネルギーに変換して仕事をし,熱エネルギーとして体温を保持し,生活…

続きを読む

エストロゲンとは? エストロゲンは、一般的には8・9歳頃から、卵巣で分泌され、女性らしいからだ作りを助けるホルモンです。思春期においては、乳房の成長や子宮・膣の発育などを促すとともに、身長や体重の増加に役立ちます。女性ならではのまるみをおびたからだつきをつくるのも、エストロゲンです。分泌量が増える1…

続きを読む

10/53