腹筋に有効なトレーニングとは?腹筋は4つの部位がある?

腹筋に有効なトレーニングとは?腹筋は4つの部位がある?

腹筋は4つの部位に分別される

腹筋は、腹直筋/腹横筋、内腹斜筋/外腹斜筋の4つの部位で成り立っています。腹筋と聞くと、ついつい表面の腹直筋だけにフォーカスしがちですが、4つの部位をバランスよく鍛えるのが効率的に腹筋を割るコツです。出典:https://smartlog.jp/48322

腹筋のトレーニング方法

バイシクルクランチは、腹筋下部に効果的な有酸素運動です。有酸素運動とは、弱い負荷がかかり続けている状態での運動で、ウォーキングやジョギング、水泳などが当てはまります。腹筋は主に無酸素運動(筋肉を鍛える運動)で有酸素運動に比べ体脂肪が燃えにくい筋トレです。そのため、有酸素運動と腹筋を両立して行うことで、細マッチョな体型が手に入ります。出典:https://smartlog.jp/53061

フロントブリッジで腹筋は鍛えられます。一般的な腹筋は、腹直筋を鍛えられますが、腹筋下部を鍛えることが難しいです。しかし、フロントブリッジなら腹筋下部をしっかりと刺激できるため、ぽっこりお腹の解消にも繋がります。体幹を鍛えながら、腹筋下部を刺激したいという方にとって、フロントブリッジはまさに夢の様なトレーニングです。出典:https://smartlog.jp/70155#S23419408

クランチ腹筋は数ある腹筋トレーニングの中でも、特に腹直筋を効果的に鍛えることが出来るトレーニングです。腹直筋を鍛えると、ぽっこりお腹の解消や姿勢改善、そしてシックスパックの獲得に繋がっていきます。腹直筋は何もしていなくても割れている筋肉なので、腹部周辺の脂肪を落とせば自然と割れた腹筋が手に入ります。しかし、人が見て「格好いい」と思うような、ほどよく隆起した腹筋は、しっかりと腹直筋を鍛えなければ手に入れることは出来ません。理想的な腹筋を手に入れるために。クランチ腹筋はとてもメリットのあるトレーニングです。出典:https://activel.jp/articles/jgqqn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です