エネルギー代謝とは?運動とエネルギー代謝にはどんな関係が?

エネルギー代謝とは?運動とエネルギー代謝にはどんな関係が?

エネルギー代謝とは?

エネルギーの立場からみた生体全体とか細胞の物質変化 (新陳代謝) の総称。その大きさは活動状態により差があり,安静時の代謝を基礎代謝という。生体は化学エネルギーに富む高分子を栄養物として摂取し,酸化分解して機械的エネルギーに変換して仕事をし,熱エネルギーとして体温を保持し,生活を続ける。熱力学第一法則により,摂取するエネルギーと放出するエネルギーとは平衡がとれている。エネルギー代謝の測定法としては,(1) 熱量計による全放出エネルギーの測定,(2) 酸素 ( O2 ) 消費量,炭酸ガス ( CO2 ) 呼出量の分析,(3) 尿中窒素の測定から代謝の総量を知る。 CO2 量と O2 量の比を呼吸商と呼び,エネルギー代謝に振向けられた燃料物質の性質を推定する手掛りとなる。出典:https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E4%BB%A3%E8%AC%9D-37083

エネルギー代謝とは、3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質が食物から体内に摂りいれられ、酸素など働きで消化酵素と結合し、運動エネルギーや体温維持などのエネルギー源として利用される仕組みのことを指します。 エネルギー代謝は大きく分けて、基礎代謝、労作代謝(活動代謝)、特異動的作用の3つあります。出典:http://www.aloe-webshop.com/nourishment/metabolizing.html

運動とエネルギー代謝の関係

私たちが運動するときは、運動の強度や時間に応じて、3つの代謝システムが使い分けられています。それぞれに特性があり、ATPの合成に必要な物質が異なるので、エネルギー代謝システムについて理解しておくと、コンディショニングに関する様々な疑問が紐解けるようになります。出典:https://earnest.fit/three-of-metabolism/

エネルギー代謝機構は大きく分けて3つあり、代謝は同時に起こっているが、運動強度の割合により使われる代謝機構も変わる。出典:http://reso.shop15.makeshop.jp/html/page111.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です