大胸筋の鍛え方とは?大胸筋は部分ごとに鍛える!

大胸筋の鍛え方とは?大胸筋は部分ごとに鍛える!

大胸筋は部分ごとに鍛える

大胸筋は大きい筋肉であるため、一つのトレーニング方法では全体に向けて刺激を与えることができません。上部・中部・下部の3つに分けることが出来る大胸筋は各部位ごとに鍛えていくことでバランスが良く、見栄えが良くなります。トレーニングメニューを組む際は大胸筋全体を鍛えるトレーニングに並行して部分的なトレーニングを行うと効果的です。出典:https://vokka.jp/12638#js-anchor_post_509181

大胸筋上部の鍛え方

デクラインプッシュアップ。プッシュアップとは腕立て伏せのこと。椅子や階段などの上に足を乗せて傾斜を作ることで、普通の腕立てよりもピンポイントで胸筋上部に負荷をかけるトレーニングです。出典:https://smartlog.jp/47487#S22463516

大胸筋中部の鍛え方

ペックフライは、専用のマシンを使った大胸筋中部の内側を集中的に鍛える鍛え方です。鍛え方はマシンなので、初心者でも簡単に覚えることができます。物を抱きかかえるような動きをするので、大胸筋中部がよくストレッチされ内側の筋肉を肥大させられます。出典:https://activel.jp/articles/ZaRD1

大胸筋下部の鍛え方

大胸筋下部を鍛えるために大事なことは、必要以上に気にしすぎないことです。大胸筋下部の位置については前の項のとおりで、肩が動き過ぎない程度に固定して、腕を前方に押し出す動きをしていれば、大胸筋下部に負荷は行きます。そこからさらに大胸筋下部を強調して鍛えるためには、腕を押し出すときにやや足側に向かって押すような軌道にする必要があります。出典:https://activel.jp/articles/NxvKX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です