握力の平均値とは?握力と死亡率に関係がある?

握力の平均値とは?握力と死亡率に関係がある?

握力とは?

握力とは、物を握るときに発揮される力のことで、主に前腕部と上腕部の筋によって力が発揮されます。主に上半身の筋力となりますが、握力は全身の総合的な筋力と関連があることが多くの研究で明らかになっています。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tairyoku-kiki/kinryoku.html

握力の平均値

握力の平均値は、年代と性別によって差があります。文部科学省の平成15年度体力・運動能力調査報告書によると、成人男性の握力の平均が50kg、女性が30kg程度で、やはり男性のほうが握力は強いです。平均だけではなく、ピークを迎える年代も男女で異なります。男性は30から34歳頃に握力が最も高いピークを迎えます。女性は、40から44歳頃が握力のピークです。基本的に、握力と全身の筋力は比例の関係にあります。握力が強いということは、全身の筋力も強いともいえます。出典:https://extry.net/8575/

握力と死亡率の関係

近年、握力が病気や寿命と関係していることが、いくつもの研究で示されるようになっています。握力が5キログラム低下するごとに、全死亡は20%、心血管疾患による死亡は19%、呼吸器疾患による死亡は31%、がんによる死亡は17%増え、特に若い人でこの関係が強く見られました。出典:https://www.sankei.com/life/news/180831/lif1808310010-n1.html

握力のトレーニングに必要な物

ハンドグリッパーは握力トレーニングになくてはならないと言っても過言ではありません。種類は百円ショップで買えるものから、スポーツショップで買えるものまで種類はたくさんあります。出典:https://vokka.jp/13170

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です