インターバルトレーニングっていったい何?どんな効果があるの?

インターバルトレーニングっていったい何?どんな効果があるの?

インターバルトレーニングっていったい何?

インターバルトレーニング(英: interval training)とは、不完全回復を挟みながら運動(中強度〜高強度)を繰り返すトレーニング方法。元々は陸上競技中長距離においてスピードを持続する能力向上のために開発された方法である。その後、様々なスポーツにおいてトレーニングに応用されるようになった。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

インターバルトレーニングは、ダッシュを短い間隔で繰り返し、限界に挑戦するトレーニング法です。その際、各ダッシュの合間に短い休憩を入れます。ウェイトトレーニング要らず、痛み知らずの上に、大きなパフォーマンスの向上が期待できる、理想的なトレー二ング法です。出典:https://www.on-running.com/ja-nz/articles/an-introduction-to-interval-training

インターバルトレーニングの効果は?

最大酸素摂取量(VO2max)を効率的に上昇できることが挙げられます。最大酸素摂取量とは、1分間にどれだけの酸素を体内に取り込めるのかを示した値で、持久系競技のパフォーマンスに大きく影響を与えます。出典:https://runners-core.jp/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0/7674/

体内の糖をエネルギーとして利用する場合、乳酸が生み出されます。乳酸は直接的な疲労物質ではないものの、乳酸が多く生み出されることで筋肉の収縮が妨げられ、結果的に脚が重く動かなくなってしまいます。レース後半に脚が動かなくなってしまうのはこの乳酸による影響が大きいです。ただ、この乳酸は再利用することでエネルギーとして活用するこも出来ます。乳酸をエネルギーとして再利用する能力が向上すれば、速いスピードでも疲れにくくなります。インターバル走は、この乳酸をエネルギー源として再利用する力を高める効果があります。出典:https://runnal.com/4895

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です