早朝ジョギングには危険が潜んでいる?注意すべき点とは?

早朝ジョギングには危険が潜んでいる?注意すべき点とは?

起床直後のジョギングに潜む危険

朝食前は1日で最も血糖値が低い時間帯ですので、とにかく血糖値が足りない。血糖値を上げずにガチで走ってしまうと、ハンガーノック状態に陥り走れなくなる危険もあります。そんな危険を回避するために出来ることがいくつかあります。走り出す前に消化のよいバナナをかじったり、甘いカステラを味わったり、ウィダーゼリーで10秒チャージ2時キープしたりしましょう。また、マラソン用のエナジージェルを運動前に補給するという手もありです。出典:https://runnie.me/morning-running-dangerous/

朝ランニングを行う時間帯は、一般的に朝5時~9時までの間と言われています。とはいえ、起き抜けでまだ目が覚めていない状態で走り出すのは危険です。低血糖や水分不足などの恐れがあります。出典:https://seikatsu-hyakka.com/archives/28174

起きた直後は体が目覚めていない状態なので、いきなりランニングによって心拍数を上げるのは心臓に過剰な負担をかけることになる。運動の前にウォームアップが必要と言われるが、起き抜けというのはそれができていない状態。朝起きてから数時間かけて体が覚醒していくのに、ジョギングによって寝ぼけている状態から急激に負荷をかけてしまっていることになる。出典:https://ijuusya.com/morning-jogging.html

ジョギング前に必ず水分補給をする

起床後は必ず1杯の水(もしくは白湯)で水分補給、背伸びや深呼吸をして全身に血液をめぐらせる、走る前のエネルギー補給をする。出典:https://melos.media/training/1516/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です