筋肉痛はなぜ起こる?即発性筋肉痛と遅発性筋肉痛の違いとは?

筋肉痛はなぜ起こる?即発性筋肉痛と遅発性筋肉痛の違いとは?

そもそも筋肉痛とは?

筋肉痛は、筋肉を激しく動かした際に「筋繊維」が傷つき、それを修復する時に炎症が起こることで痛みを引き起こしているものと言われています。この「筋繊維」とは、筋肉そのものではなく、筋肉や筋組織を構成している非常に細い多数の細胞のことです。出典:https://forzastyle.com/articles/-/53903#a2

即発性筋肉痛

運動した直後や、運動している最中にも起こる筋肉痛が即発性筋肉痛です。疲労感とともに、筋肉の一部に熱っぽく重くなるような感覚の痛みを感じます。この即発性筋肉痛は、乳酸の生成に伴って筋肉内に水素イオンが発生し、イオンバランスが崩れて筋肉内が酸性に傾くことが直接の原因と言われています。デスクワークなどをしていて同じ姿勢を続けていると肩がこり、痛みやだるさを感じるのも即発性筋肉痛の一種と言えます。出典:https://www.best-performance.net/user_data/column-detail.php?id=538&transactionid=42ab1ad42c5e6e88e5359228f714a582f78f4611

遅発性筋肉痛

「運動から数時間後、あるいは通常24時間〜48時間後に起こる激しい筋肉痛は、遅発性筋肉痛(DOMS)と呼ばれます」出典:https://www.esquire.com/jp/menshealth/g25247646/lifestyle-health-to-treat-sore-muscles18-1106/

筋肉痛を緩和するには?

筋肉に生じた微細な傷の修復過程で筋肉痛の痛みは起こっているので、傷ついた筋組織の回復を促すために、ストレッチや軽いマッサージ、軽い運動、ぬるめのお湯での入浴などの血行を促すことを行いましょう。バランスの良い食事と十分な休養をとり、身体が回復する働きを促すことも大切です。筋肉痛がみられる部位の強い痛みや腫れなどがみられる場合は、冷却・安静・圧迫・挙上の炎症を鎮めるための対処を行いましょう。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/undou-shougai/kinnikutsu.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です