睡眠不足は筋肉によくない?睡眠と筋トレの関係とは?

睡眠不足は筋肉によくない?睡眠と筋トレの関係とは?

睡眠不足は筋肉によくない?

睡眠不足も、筋トレには大敵だ。睡眠不足は、筋トレ時の栄養となる筋グリコーゲンを低下させる。そもそも睡眠不足は集中力を低下させ、トレーニング中のケガを引き起こしかねない。超回復という観点でも、筋トレの前後はしっかり休息をとり、筋肥大を促すべきだと言われている。睡眠不足は、筋トレ以外にも健康への悪影響が大きい。筋トレをするしないにかかわらず、慢性的な睡眠不足は避けたいところだ。出典:https://moneytimes.jp/sense/detail/id=3277

寝不足の疲れた状態でジムに行くと、トレーニング中に体が疲れやすくなり、通常の時よりもセット数がこなせません。セット数が少ないと、トレーニングボリュームが減るので、当然のことながら筋肉は大きくなりません。出典:https://iimens.com/training_logic/muscle-glow-sleep/#i-4

睡眠はとても大切

睡眠はホルモンのバランスを整えるためにも重要です。睡眠中に、筋肉の成長に必要な、テストステロンやIGF-1といった、タンパク同化ホルモンが分泌されます。睡眠不足になるとこうしたホルモンの分泌が抑えられ、筋肉の成長も妨げられてしまいます。出典:https://www.lifehacker.jp/2016/10/161004_sleeping_muscle.html

筋肉はトレーニングを行っている間に大きくなることはありません。確かにトレーニングを終えると、筋肉に張りがあり、大きくなったように思えることもありますが、これは単に筋肉に血液やリンパ液が流れ込んで膨らんでいるだけの状態。その証拠に、しばらくすると筋肉は元の大きさに戻ります。実際に筋肉が大きくなっているのは、成長ホルモンが分泌され、トレーニングによって傷ついた筋肉が修復されたあと。
そしてこの成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのが眠っている間です。そのため、筋肉の成長(超回復)には筋トレ→食事→睡眠のサイクルがとても重要。出典:https://www.designlearn.co.jp/kintore/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%A0%E3%82%81%EF%BC%9F%E7%AD%8B%E8%82%89%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%A8%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AE/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です