超回復とは?筋トレの頻度は超回復を考慮に入れるべき!

超回復とは?筋トレの頻度は超回復を考慮に入れるべき!

超回復とは?

トレーニングや練習を行うことによって起こる、エネルギーの枯渇や筋線維の損傷。あるいは蓄積する疲労など、カラダにさまざまなストレスがかかることで、一時的に体力は低下します。その後、適切な休息をとることで筋肉が回復していき、その結果として筋力の向上や筋肥大などの成果が現れるのです。トレーニング後に起こるこの現象を「超回復」といい、その理論を超回復理論と呼びます。出典:https://melos.media/training/38384/

激しい運動をすると筋肉は一時的にダメージを受けますが、ダメージから回復する際、適切な休息や栄養をとると筋肉が強くなります。これが「超回復」です。具体的には、運動後約24~72時間の休息を取ることで、傷ついた筋肉細胞が回復し、運動をする前よりも筋肉の総量が増加するという、筋肉のメカニズムのことを指します。この超回復をうまく活用することで、筋肉を効率良く成長させることができるといわれており、筋トレにおいてはとても重要な理論となります。出典:https://www.so-net.ne.jp/training/column/workout/tore_00072_super-recovery.html

超回復と筋トレの頻度

超回復が完了する前にトレーニングすると、修復中の筋繊維が破壊されて逆効果の場合もあるので注意が必要だ。筋肉が超回復する前にトレーニングを重ねていくと、疲労が蓄積して弱く細くなっていってしまう。そのまま続けるとオーバートレーニング症候群となり、睡眠障害や食欲不振、集中力の欠如などに陥る可能性もある。出典:https://www.mamatenna.jp/article/e/174124/

脊柱起立筋(背中下部)や大腿(太もも)が大体96時間、胸筋(胸)や広背筋(背中)が72時間ときて、三角筋(肩)や僧帽筋(背中上部)、上腕二頭筋、上腕三頭筋(ともに二の腕)等が48時間、腹筋、ふくらはぎ等が24時間、超回復に要する。出典:https://jitensha-hoken.jp/blog/2015/11/training-times/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です