エネルギー代謝と筋肉量の関係とは?肥満との関係も!

エネルギー代謝と筋肉量の関係とは?肥満との関係も!

エネルギー代謝とは?

エネルギーの立場からみた生体全体とか細胞の物質変化 (新陳代謝) の総称。その大きさは活動状態により差があり,安静時の代謝を基礎代謝という。出典:https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E4%BB%A3%E8%AC%9D-37083

運動とエネルギー代謝

スポーツ競技の成績は、競技間の限られた時間内にいかに速く筋力を回復するかにかかっている。すなわち、これは筋肉のそれぞれのエネルギー供給源の回復速度に依存する。出典:http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject09/no4/html/section1.html

筋肉エネルギー代謝

筋肉は、からだの運動を行なう器官なので大量のエネルギーを消費します。このエネルギー源はATP(アデノシン三リン酸)という物質です。 このATPは、大まかにいって2つの機構によってつくりだされています。 1つは、細胞の中にあるミトコンドリア内での酸化的リン酸化(酸素を使ってエネルギーを発生させる機構)で、もう1つは、細胞の液体成分にある嫌気性解糖系(けんきせいかいとうけい)(酵素(こうそ)を使ってエネルギーを発生させる機構)です。 瞬発力を必要とする運動のときには解糖系で、長時間の運動のときには酸化的リン酸化でつくられたATPがそれぞれ利用されます。 この代謝の異常でおこる病気は、ミトコンドリア筋症と糖原病がおもなものです。出典:https://kotobank.jp/word/%E7%AD%8B%E8%82%89%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%BF-792841

基礎代謝と筋肉量の関係

肥満のきっかけとして多く見られるのが、筋肉量の減少です。
筋肉は、私たちのからだを支えると同時に、体温をつくり出す働きを担っており、基礎代謝の中でも一番多くエネルギーを必要とします。筋肉量が減ると代謝が落ちるだけでなく、体温が維持できなくなるため、からだの熱を逃がさないように筋肉が減った分を脂肪で埋めようとします。これが過剰に進むと「肥満」になります。出典:http://www.kracie.co.jp/ph/coccoapo/magazine/09.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です