グルコースって何?筋肉とどのような関係があるの?

グルコースって何?筋肉とどのような関係があるの?

グルコースとは?

グルコース(glucose)は、分子式 C6H12O6を持つ単純な糖である。ブドウ糖(ブドウとう、(葡萄糖)とも呼ばれる。グルコースは血糖として動物の血液中を循環している。糖は植物などに含まれる葉緑体において、太陽光からのエネルギーを使って水と二酸化炭素から光合成によって作られる。グルコースは細胞呼吸(英語版)のための最も重要なエネルギー源である。植物ではデンプン、動物ではグリコーゲンのようなポリマーとして貯蔵される。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9

炭素数六個の単糖類。化学式 C6H12O6 デンプン・グリコーゲンの加水分解により得られる。水に溶けて還元性を示す。遊離の状態で甘い果実の中に多量に分布し,ヒトの血液中にもわずかに存在する。動植物のエネルギー代謝の中心に位置する重要な物質。葡萄(ぶどう)糖。出典:https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9

グルコースは体を動かすエネルギー源

糖質は、からだの中に入ると「グリコーゲン」という形で肝臓と筋肉中に蓄えられるほか、グリコーゲンを分解した「グルコース(ブドウ糖)」が血液中に「血中グルコース(血糖)」として溶け込みます。これらのグリコーゲンとグルコースが、からだを動かすためのエネルギー源になり、足りなくなると、ぼんやりしたり、ひどい場合は意識がなくなるなど低血糖状態に陥ってしまいます。出典:https://www.cbc-kenpo.com/news/?id=10056

グルコースは筋肉にグリコーゲンとして蓄積される?

マラソンやサッカーなど長い時間試合をおこなう競技の場合、グリコーゲンローディングという食事方法をとりいれます。これは食事を糖質中心にすることで、からだにグリコーゲン(糖質)をため込み、スタミナをアップさせる食事方法です。食事の糖質はグルコースとなって吸収されて、血液を通して肝臓と筋肉にグリコーゲンとして蓄えられます。つまり、肝臓と筋肉がグリコーゲンの貯金箱のようになっていて、エネルギーをためておくことができるのです。出典:https://president.jp/articles/-/28760

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です