インスリン様成長因子とは?筋肉との関係とは?

インスリン様成長因子とは?筋肉との関係とは?

インスリン様成長因子とは?

インスリン様増殖因子ともいう。古くはソマトメジンともいわれた.構造はプロインスリンに似たペプチドホルモンで,IとIIがあり,Iは成長ホルモンおよび栄養状態によって血中濃度が制御されている.肝臓が血中のホルモンの主な生産器官であるが,多くの臓器で作られる。タンパク質同化作用がある.IIは出生前の成長に関係するとされている。血中では大部分が特有の結合タンパク質(インスリン様成長因子結合タンパク質)と結合して存在しており,結合タンパク質は6種類がクローニングされ,同定されている。また,それらに関連するタンパク質も多数同定されている。出典:https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E6%A7%98%E6%88%90%E9%95%B7%E5%9B%A0%E5%AD%90-161332

成長ホルモンの作用に関わる物質で、インスリンに近い構造と機能を持つ。トレーニング刺激によって肝臓から分泌され、筋力や筋サイズの維持や増加に効果をもたらし、アンチエイジングの分野でも注目される物質です。出典:https://www.bodymake.jp/dictionary-of-bodymake-fitness.html

インスリン様成長因子(IGF-1)が筋肥大を直接的に促進する

そこで注目されているのが、成長ホルモンに似た「インスリン様成長因子」(IGF-1)という物質です。これは肝臓から分泌されますが、トレーニングをすると筋肉からも分泌され、筋肉自身に働きかけたり、筋サテライト細胞(筋線維の再生のために必要な細胞)という幹細胞の増殖を促したりと、局所的に働いて筋肥大に貢献することがわかっています。出典:https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/040200001/091900059/?P=2

1950代に細胞の代謝や増殖を促進するホルモン以外の物質が発見され、主に細胞増殖を刺激することから成長因子と命名された。筋肉細胞の蛋白合成を促進する成長因子についても探索が進められた。筋肉細胞自身は増殖しないので、運動による筋肉肥大は筋肉細胞の蛋白合成が亢進して筋繊維が太くなる結果、筋肉肥大が生じるからである。その結果、筋肉の収縮それ自体が刺激となって、筋肉細胞自身がインスリン様成長因子-1(IGF-1)と線維芽細胞成長因子(FGF)などを分泌し、近傍の筋肉細胞に作用して蛋白合成量を増やすことが発見された。これら成長因子のうち、中心的な役割を果たすのがIGF-1である。出典:https://www.toshinbio.com/2017/01/25/%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%AD%8B%E8%82%89%E8%82%A5%E5%A4%A7%E3%82%92%E4%BF%83%E9%80%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%88%90%E9%95%B7%E5%9B%A0%E5%AD%90igf-1/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です