筋肉量とは?筋肉量は寿命に関係がある?

筋肉量とは?筋肉量は寿命に関係がある?

筋肉量とは?

筋肉の量で,骨格筋の量は例えばクレアチニンの排泄量から推定する。人や動物の代謝で重要な指標となる。出典:https://kotobank.jp/word/%E7%AD%8B%E8%82%89%E9%87%8F-764343

筋肉量は寿命に関係がある?

筋肉量は、筋肉を構成するたんぱく質の代謝(合成と分解)によって決まります。合成が多ければ増え、分解が多ければ減りますが、この代謝には加齢と生活習慣が深く関わっています。筋肉の量が減ると、転倒したり、病気にかかったりするリスクが増えます。また、筋肉量が多いほど長生きできることもわかってきました。出典:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_186.html

日本人男性の平均的な筋肉量は?

日本人男性の平均的な筋肉量は22~24キロと言われています。筋肉量に加えて水分や血液、脂肪や骨などの様々な重さを総合して体重となります。筋肉量が増えれば当然体重も増えますが、体は大きくなります。出典:https://uranaru.jp/topic/1010801#num_1585895

筋肉量を維持するための栄養補給

人のカラダは一度に大量のタンパク質を代謝することはできません。そのため、一日に必要な量を3回の食事または補食をふくめた4~5回の食事に分けてタンパク質を補給します。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=115&category=muscle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です