キネティックチェーンとは?2種類のキネティックチェーンがある?

キネティックチェーンとは?2種類のキネティックチェーンがある?

キネティックチェーンとは?

姿勢や運動・動作の分析もしくはエクササイズを処方する上でよく用いられる概念です。
「ある関節の運動が他の隣接する関節へ影響を及ぼす」という意味で、筋骨格、スポーツ医学、神経リハビリ、装具などを含む広範囲の臨床状態で使用されています。出典:https://undourensa.school/kinetic-chain/what-is-kinetic-chain/

キネティックチェーン(kinetic chain:運動連鎖)は、人間の身体動作を表す工学的概念の一つ。元々は、1875年に機械工学者のフランツ・ルーロー(Franz Reuleaux)が提唱した概念で、それを1995年にアーサー・スタインドラー博士(Dr. Arthur Steindler)が、身体運動の解析やスポーツ競技に特化した運動パターンに当てはめることによって生まれた概念です。出典:https://kintorecamp.com/kinetic-chain/

オープンキネティックチェーンとは?

構造の末端が開いて(Open)自由に動くのがオープンキネティックチェーンです。たとえば、座って膝を曲げ伸ばしする動きは「末端=足先」が固定されずに動いているのでオープンキネティックチェーン。
出典:https://ameblo.jp/relax-forest/entry-11920655609.html

クローズドキネティックチェーンとは?

四肢の末端が固定されている、または大きな負荷によって制限されている(固定されるほど大きな負荷が掛かっている)ものをクローズドキネティックチェーン(CKC)と呼びます。例えば、足裏を地面に固定して立ち上がるスクワットなどは、このCKCの代表的な動作です。出典:https://kintorecamp.com/kinetic-chain/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です