バリスティックストレッチとは?その効果とは?

バリスティックストレッチとは?その効果とは?

バリスティックストレッチとは?

身体を充分に温めた状態で行います。股関節や肩甲帯を中心に、手足に弾みをつけ、振り子のように反動を使って動かします。最初は小さい動きから始め、徐々に大きく、最大可動域を高めるように行います。ダイナミックストレッチに加えて、関節の可動域を拡げ、筋の反応(収縮と弛緩)を良くしていく方法です。
ラジオ体操やブラジル体操がこの方法になります。出典:http://www.cramer.co.jp/1603-1/

注意点

バリスティックストレッチは急激な動作となるため、瞬間的に強いストレッチが筋肉にかかります。十分にウォームアップができていればよいですが、筋肉が固くなっている状態でいきなりバリスティックを行なうと、ケガをしてしまう可能性があります。順番としては、スタティックストレッチから始まり、ダイナミックストレッチ、バリスティックストレッチという順に行うのがいいでしょう。出典:https://vitup.jp/%E3%80%8C%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%80%8D%E3%80%8C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/

バリスティックストレッチの効果

体が十分に温まった状態で、反動の適度な加減を意識すれば可動域を上げていくことも不可能ではありません。出典:https://trainers-scene.com/genre/stretch/stretch_basicknowledge1/

 バリスティックストレッチは、反動を使うぶん、スタティックストレッチよりも筋肉を伸ばす効果が多く得られます。出典:https://melos.media/training/21828/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です