時間のない人や初心者におすすめはサーキットトレーニング!

時間のない人や初心者におすすめはサーキットトレーニング!

サーキットトレーニング

短時間で出来るフィットネススタジオです。筋肉を大きく使う運動と、短いインターバルを交互に取り入れて、心拍数を適度に保ったまま継続して行う有酸素運動のことです。出典:https://www.bodies.jp/program/circuit_training/detail/

総合的な体力のトレーニング法。いくつかの運動種目を組合せ (セットと呼ぶ) ,これを各種目,休憩をとらずに繰返してトレーニングしていく方法。 1953年 R.モーガンと G.アダムソンが創始。ウエイトトレーニングに呼吸・循環機能の持久性トレーニングを加えたもの。組合せの処方は,各運動を一定の時間に何回できるかを測定して決め,開始から終了までの所要時間を徐々に短縮していく。標準種目は 24種目あげられており,それらを6種目,9種目,12種目に編成し,一定のコースを作成する。普通そのコースを3循環する。出典:https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-68630

サーキットトレーニングのメリット

サーキットトレーニングのメリットは、呼吸循環器系の機能を働かせたまま、筋疲労を分散させてトレーニングをすることが可能な点だ。30秒間、全力でひとつのメニューを行うと、エネルギーの出力はATP-PCではなく乳酸系にシフトしてしまう。ひとつひとつの運動の回数を減らしているのは、全力で行える強度を短い時間、約10秒程度で実施し、すぐに他の運動に切り替える事で、より高強度な運動を持続させることが狙いとなっている。出典:https://ocw.tsukuba.ac.jp/discovery/badminton/circuit-training/

サーキットトレーニングは、短時間で効果的な脂肪燃焼効果が期待できます。忙しくてジムに行く時間がない人でも、サーキットトレーニングなら短時間でも相量の運動量になります。また短時間集中ですので、飽きずに続けることができるのも魅力です。出典:https://blueearth.co.jp/program/fitness/circuit/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です