筋肉痛と年齢の関係とは?早く治る要因は?

筋肉痛と年齢の関係とは?早く治る要因は?

筋肉痛のメカニズム

普段使わない筋肉や、同じ筋肉を使い過ぎたりすることで、筋繊維に細かい傷が付きます。すると、損傷した細胞を修復しようと、白血球やリンパ球などが集まり、炎症反応を起こします。この時に刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が生産され、筋膜(筋肉を包んでいる膜)を刺激します。それが感覚中枢を介し、痛みとして感じるのです。出典:https://executive-buddy.com/archives/106

筋肉痛と年齢の関係

「筋肉痛が2~3日後にくるのは、歳をとった証拠」という言葉をよく聞きますが、筋肉痛と年齢に因果関係はないとされています。関係があるのは“運動強度”です。強度が高い運動を行うと筋肉痛は比較的早く訪れ、逆に強度が低い運動を長時間行うようなパターンでは、筋肉痛が遅れてやってくることが多いのです。出典:https://melos.media/training/32568/

筋肉痛が治る要因は?

身体は運動で負荷を受けた後に筋繊維にダメージを蓄積して筋肉痛が発生します。この時筋肉が回復しようとする超回復と呼ばれる現象が起きます。超回復とは、運動して、休息をとることで筋肉を前より強力にするメカニズムのこと。しっかり休めば筋肉が修復されて、より筋肥大していくということです。現段階での有力な説では、筋肉痛は筋繊維の損傷によって起こると言われているため、しっかり筋肉を休めれば筋繊維が回復して筋肉痛が治るという仕組みです。ちなみに超回復にはおおよそ24時間から48時間ほどの休息が必要とされています。筋トレをして筋肉痛になったら、最低でも2日間は休みにした方が良いでしょう。出典:https://smartlog.jp/152158#S20521842

筋肉痛でもランニングはしても大丈夫?

筋肉痛になったからといって休んでいると心配になることもあります。ダイエットの効果がなくなる、モチベーションが下がってしまう、サボり癖が付いてしまうと思い悩んでしまうようでしたらランニングをオススメします。ランニングやエアロバイクなどは有酸素運動です。血液の流れを良くし、筋肉痛の回復に非常に役に立ちます。軽くジョギングすることで、硬くなった筋肉もほぐれていいでしょう。出典:https://www.zehitomo.com/blog/client/muscle-pain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です