徒手抵抗ストレッチとは?そのやり方と効果とは?

徒手抵抗ストレッチとは?そのやり方と効果とは?

徒手抵抗ストレッチとは?

主に二人がペアになって、一人がもう一人に対して伸ばしたい筋肉に抵抗をかけ、その後ゆっくりと伸ばしていくストレッチ方法です。このストレッチ方法を行うには、しっかりとした理論と技術を習得することが必要です。出典:http://www.cramer.co.jp/1603-1/

徒手抵抗のストレッチのやり方

徒手抵抗のストレッチとは、トレーナーとお客さまの二人がペアになって、トレーナーがお客さまの筋肉がストレッチされるポジションまで一旦体を持っていきます。
①そして、そのストレッチがかかるポジションでお客さまは元に戻す方向に力を入れます。
②同時にトレーナーは反対方向に力を入れて、その関節のポジションを5秒くらいキープします。
③5秒キープしたら、お客さまは完全に力を抜いて、トレーナーはそこからさらにストレッチをかけます。
このように、①〜③を5回くらい繰り返すとじょじょに筋肉が柔らかくなり、関節の動く範囲が大きくなります。出典:https://www.functionalfitnes.com/single-post/2017/03/05/%E5%BE%92%E6%89%8B%E6%8A%B5%E6%8A%97%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81-PNF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81

PNFストレッチとの違いは?

徒手抵抗ストレッチはPNFストレッチとも呼ばれますがPNFとは本来理学療法士の専門用語であり、資格をもたない人がPNFストレッチをすることはありません。出典:http://www3.plala.or.jp/nyarome/tre/stretch/st6.htm

柔軟性を高める時に効果的?

より効率よく柔軟性を高めたいときに用いる手法に「徒手抵抗ストレッチ」があります。これは徒手で負荷抵抗をかけ、その後、抵抗をかけた部位を中心にストレッチをする方法です。出典:https://www.hb-nippon.com/column/523-self/8172-20131230no83self?page=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です