筋肉痛になりやすい運動とは?筋肉痛時に筋トレはNG?

筋肉痛になりやすい運動とは?筋肉痛時に筋トレはNG?

筋肉痛になるまで筋トレすべき?

トレーニングをした翌日に筋肉痛になると、昨日のトレーニングがしっかりと筋肉に効いているな、これから筋肉がついてくるぞ!と期待してしまいます。また、残っている痛みから達成感も得られます。筋肉痛にならないことをがっかりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、気にしすぎないでください。筋肉がついて動作や負荷に慣れてきたからこそ筋肉痛が発生しづらくなっています。筋肉痛がないことを気にしてて極端な負荷や動作をかけすぎると、筋肉痛どころか痛めてはいけない部分を傷つけてしまうかもしれません。出典:https://www.zehitomo.com/blog/client/muscle-pain

筋肉通になりやすい運動とは?

 筋肉が引き伸ばされながら力を発揮する「伸張性筋収縮(エキセントリック・コントラクション)」は、筋肉痛になりやすい動きです。重いものを降ろすときや、階段・坂道を下ったり、ダッシュ時に急に方向を変えるなどの動作は、筋肉痛になりやすいといえます。 また、慣れていない動きも筋肉痛の原因になり得ます。これは鍛え足りないわけではなく、アスリート選手でも、普段と異なる動きのトレーニングを行うと筋肉痛になります。出典:https://melos.media/training/32568/

筋肉痛になりにくい人とは?

筋肉痛は身体への大きな負荷があると発生するものです。普段からある程度鍛える人は、筋トレの負荷に慣れている可能性があります。そのため、他の人が筋肉痛になっている筋トレでも、筋肉痛になりにくい傾向に。これまで筋肉痛になっていた筋トレに関しても、きちんと筋肉が鍛えられていれば、筋肉痛にならないのです。出典:https://smartlog.jp/152158#S20521842

筋肉痛時に筋トレは逆効果

筋トレを習慣にしている方にとって、筋肉痛が治るまでトレーニングを休むのは、なかなか焦れったいものがあるかと思います。しかし、筋繊維が傷ついた状態でトレーニングをしても、逆効果です!筋肉が大きくなりにくいばかりか、むしろ筋肉の成長を妨げることになってしまう恐れがあります。出典:https://executive-buddy.com/archives/106

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です