スロートレーニングとは?その効果やメリットは?

スロートレーニングとは?その効果やメリットは?

スロートレーニング

反復動作をゆっくり行うトレーニング法です。例えばシットアップでは腹直筋を意識しながらフィニッシュまで5秒かけて起こし、5秒かけてスタートポジションまで戻ります。動作中常に筋緊張状態を解かないようにすることが重要です。筋緊張時間を長くすることで軽い負荷でも強度を高めることができます。出典:https://www.bodymake.jp/dictionary-of-bodymake-fitness.html

スロートレーニングはウエイトトレーニング方法の一種。「スロトレ」とも呼ばれる。ゆっくりとした動作で筋肉に負荷をかける。例えば5kgのダンベルを2秒で上げ、10秒かけながらゆっくり下ろすなどの動作になる。速い動作で重いものを持ち上げようとすると、全身の反動を使ってしまうことが多い。スロートレーニングでは鍛錬しようとする部位にじっくりと集中して負荷をかけ、その部位により確実に効かせようとする。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

主な効果は?

スロトレの主な効果は、筋肥大に効くこと、代謝を上げて痩せやすい体になることです。出典:https://www.concierge.fit/blog/slowtraining-commentary/

メリットは?

負荷重量が比較的小さくても大きな効果が得られるスロートレーニングには次のようなメリットがあります。
・自体重を用いた手軽に行えるトレーニングでも大きな効果が期待できる
・腱や関節への負担が小さく整形外科的な傷害のリスクが小さい
特に怪我のリスクの大きいと考えられる中高齢者向けの効果的なレジスタンス運動として期待されています。出典:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-003.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です