筋肉トレーニングの五大原則の一つ、漸進性の原則とは?

筋肉トレーニングの五大原則の一つ、漸進性の原則とは?

そもそも漸進とは?

1 順を追ってだんだんに進むこと。「目標に向かって漸進する」⇔急進。
2 少しずつ進歩すること。「漸進的に改良される」⇔急進。出典:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/126561/meaning/m0u/

漸進性の原則とは?

トレーニングを続けて体力がついて来ると、同じ負荷でトレーニングを行っても効果が現れなくなります。 筋力や技術力の向上に伴い、徐々にトレーニングの負荷や難易度を上げていくことが大事です。出典:https://www.ishokudogen.com/blog/kintore3-5/?bkCate=column-health&bkPG=1

身体は一定の負荷をかけ続ければそれに適応して、いつかは筋肉の成長は止まってしまいます。一年間同じ重さ、同じ回数、同じ種目でトレーニング行っていても成長は一定の所でとまってしまいます。過負荷の原理に通じるところはありますが、トレーニングの負荷、強度は漸進的(順を追って徐々に)に上げていかなければいけません。出典:https://aimz.jp/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%82%92%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%8B5%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E5%89%87%EF%BC%81/

漸進性の原則とは、自分の体の発達に合わせてトレーニングの負荷を重くしていきましょうと言うものです。これが効率的、そして安全に体力をつける方法になります。負荷は徐々に上げていくことが大切です。過負荷の原理と関係が深いですが、強度が強すぎると体を痛める原因となっていまう恐れがあります。例えば、1キロのダンベルを上げれる人が2キロのダンベルにチャレンジします。最初は思いと感じる2キロのダンベルですが、トレーニング効果が出るにつれ筋力が付き重さを楽に感じれるようになります。このまま続けるより今度は3キロのダンベルにチャレンジした方がより効果的なトレーニングができるというものです。出典:http://haji-spo.com/training4.html#zennsinseinogennsoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です