ディセンディングセット法とは?具体的なやり方とは?

ディセンディングセット法とは?具体的なやり方とは?

ディセンディングセット法

セット中反復の限界を迎えたとき、一旦セットを中断し20〜30%負荷を軽くした後すぐにセットを再開します。これを段階的に負荷を落としながらターゲットの筋肉を追い込む方法でセット中は負荷を変化させる時以外は休憩を挟まずに行います。一般的に負荷を落とす回数はセット中二回までです。非常に強度の高いトレーニング法なので、トレーニング初心者にはおすすめできません。出典:https://www.bodymake.jp/dictionary-of-bodymake-fitness.html#ser

ディセンディングセット法はセットの進行とともに負荷を減らしつつ追い込んでいく方法であり、ピラミッド法のバリエーションのひとつになります。高いパンプアップ効果があるため、筋肥大を目指していくのならばぜひ採用したい方法のひとつでしょう。出典:https://mamepunch.com/?p=2375

具体的なやり方とは?

やり方としては最大重量の80~90%ほどのウェイトを設定し、反復動作が不可能になったら20~30%重量を減らしていくのが、ディセンディングセット法では主流となっています。ベンチプレスのMAX重量が100kgの人でしたら90kg→70kg→55kg……といった感じで使用重量をどんどん下げていくイメージですね。出典:https://reforme-fg.com/?blog=descendingset

ディセンディングセット法のやり方は最終セットの限界後に、素早く使用重量を60~70%に落とし、休憩を挟まずそこから4~5レップを追加で行います。ディセンディングセット法のメリットは素早くウエイトを交換すれば、補助者無しでも同様に筋肉を追い込むことが可能です。出典:https://exp-ds.com/diary/archives/1524

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です