筋トレを毎日するためには?アイシングはNG?

筋トレを毎日するためには?アイシングはNG?

筋トレを毎日するためには?

超回復は、トレーニングによって負荷がかかった部分だけに起こります。そのため、トレーニングする部分を細かく分けることで、超回復の効果を得ながら毎日トレーニングをすることが可能です。 もう少し、具体的に説明していきましょう。毎日トレーニングを行っている人は、たとえば「胸→背中→肩・腕→足」といったようにトレーニングの部位を細かく分け、鍛える部位を変えながらトレーニングしています。仮に4つの部位に分けると、次に同じ部位を鍛えるのは最短でも4日後となります。超回復が起こるための休息を、しっかりとっていることになるでしょう。出典:https://melos.media/training/38384/2/

張り切りすぎにはご用心!

現在の自分の限界を把握しないまま、「よし、筋トレをがんばるぞ!」と自分の能力に対して200%の筋トレをしてしまったら、当然のように後日ひどい筋肉痛がやってきます。ここまでくると、もはや怪我の領域です。健康増進のためにやっていることが、むしろ逆効果の結果を生んでしまいます。 また、最初から頑張りすぎると、筋トレは長続きしません。出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/457195/

しっかりとしたトレーニングと休息と栄養を!

超回復に欠かせない休息ですが、休んでばかりでは、効果は発揮されません。筋肉は、超回復した後、少しずつ筋力は低下していきます。1番理想的な超回復とは、超回復がピークに達したら、次のトレーニングを行うと言うサイクルが大切なのです。しっかりとしたトレーニングをし、しっかりとした休息を取り、そして、しっかりバランスのとれた食事、または、食事から困難であれば、それに相当する栄養+プロテイン(タンパク質)を摂取する。この黄金サイクルで筋肉の超回復を繰り返せば、肉体パフォーマンスがアップすると考えられます。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=1&category=muscle

トレーニング後にアイシングはNG?

トレーニング後は損傷箇所の補修のため免疫関連細胞が駆けつけ、各種発痛物質を生み出すので炎症が起こり、痛む。そこで、運動後はアイシングを、となるところだが、佐藤さんは「しません。筋肥大には炎症反応も必要です。炎症を起こすためにわざわざトレーニングをするんです。アイシングによる早い回復を選べば、筋肉の成長も抑えてしまうことになると感じています」。出典:https://tarzanweb.jp/post-186019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です