筋肉ができるメカニズムを知ることは大切!

筋肉ができるメカニズムを知ることは大切!

筋肉は超回復で太くなる

ウェイトトレーニングで追い込むと、筋線維にはミクロレベルの損傷が生じ、筋力は一時的に急降下する。ウェイトトレーニングは言わずと知れた無酸素運動。そのエネルギー源は主としてカラダに蓄えているグリコーゲンだ。ウェイトトレーニングはこれを絞り切るから終了後は補給が必要になる。傷んだ筋肉の補修には、その材料となるタンパク質も欠かせない。そこで、急ぎ栄養補給を行い、しっかり休息をとる。すると、筋肉は見る見る力を取り戻し、グラフの線もぐーっと上昇する。トレーニング後、おおよそ48~72時間後にはそれ以前よりパワフルな状態になっているとされる。そこで再度トレーニングに取り組めば、より高いレベルで行えるし、終了後の回復で筋力はさらに増す。かくして筋肉は太く、たくましく成長し、筋力レベルは高まっていく。これがいわゆる超回復だ。出典:https://tarzanweb.jp/post-186019

筋肉ができるメカニズム

まず理解しておきたいのは、「筋肉はトレーニングを行えば必ず大きくなる」というのは誤解とである、ということだ。当然のことだが、筋肉は人間の身体の一部だ。つまり、トレーニングだけでは筋肉は大きくなることはなく、運動・休養・栄養の3つがそろって、初めて筋肉が大きくなるのだ。このメカニズムを知らずに、トレーニングだけを続けても思うように成果が出ないだろう。出典:https://moneytimes.jp/sense/detail/id=2827

「壁にぶつかった時には、努力してその壁を乗り越える。」少年マンガの展開と思われるかもしれませんが、筋肉のメカニズムのことなのです。それを可能にするのは、筋肉の「超回復」という特性です。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=1&category=muscle

 筋肉を効率よく成長させるには、運動と栄養、そして休養のバランスが重要。中でも、休養に関する重要な理論のひとつが「超回復理論」です。この超回復、1度は聞いたことがあるものの、詳しいメカニズムは知らないという方も多いのではないでしょうか。カラダを効果的に成長させるのであれば、超回復についてしっかり理解しておくことが重要です。出典:https://melos.media/training/38384/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です