筋肉が壊れるとは?筋肉再生中は禁酒したほうがいい?

筋肉が壊れるとは?筋肉再生中は禁酒したほうがいい?

筋肉が壊れるってどういうこと?

「筋肉が壊れる」という仕組みは、人間のカラダで日々当たり前のように行われているのです。運動などにより、筋肉を使ったり、瞬発的に激しい運動をしたりすると、筋肉の組織は壊れます。しかし、人間のカラダには、壊れてしまった組織を治そうとする力が備わっています。壊れてしまった組織を治す力の例としては、骨折が挙げられます。骨折により、1度折れてしまった骨の部分は、元の骨より太く強い骨に生まれ変わります。これと同じ効果が筋肉でも行われていると言うことです。運動後、24~48時間程の休息を取ることで、筋肉は激しい運動にも耐えられるように、自力で修復し、運動以前のカラダより強くなろうとします。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=1&category=muscle

トレーニングを行うと、筋繊維が破壊される。筋線維が破壊されると、人間の身体は、壊れた組織を修復しようとする。この修復にかかるのが、一般的に24~48時間と言われている。筋線維が壊れてから修復するまでのプロセスを、超回復と呼ぶのだ。出典:https://moneytimes.jp/sense/detail/id=2827

筋肉再生後に再びトレーニングを!

超回復で筋肉が以前より向上したタイミングで次のトレーニングを行うこと。これによって、徐々にカラダが成長していくというのが超回復理論の考え方です。もちろん、個人でカラダの作りは異なります。また、トレーニングの内容によっても、超回復の理論が当てはまらないことは考えられるでしょう。超回復理論の通りきっちり72時間休んでも、筋肉は完全に回復しない場合もあるのです。そのため、あくまでも一般的な理論として頭に入れておいてください。出典:https://melos.media/training/38384/

超回復時は禁酒したほうがいい?

「お酒はほぼ飲みませんが、大会の終わる10月ぐらいから年末までのオフだけはいただきます。この時期は来シーズンに向けてカラダを大きくする時期でもあるんです」なぜ、シーズンには飲まないか? それはアルコールは基本的に薬物であり、カラダにはストレスとなる。その結果として発生するストレスホルモン、コルチゾールには筋タンパクを分解する働きがあるからだ。出典:https://tarzanweb.jp/post-186019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です