過負荷で筋肉は成長する?筋トレの負荷を上げる方法とは?

過負荷で筋肉は成長する?筋トレの負荷を上げる方法とは?

過負荷で筋肉は成長する?

筋肉は最大筋力を超えた負荷がかかると、次に同じような負荷がかかった時に、楽に対応できるように、強く大きくなろうと発達します。自らの限界を超えた危機的状況に陥って初めて筋肉は大きく成長するのです。筋力は筋肉の大きさに比例します。つまり大きな筋力を発揮するためには大きな筋肉が必要となります。そのため筋力の限界(最大筋力)が向上すれば、筋肉は自然と大きくなります。出典:https://spartan-log.com/overload-theory/#i

筋肉は今まで与えた刺激にはすぐ慣れてしまいます。そこで筋肉に今までに与えたことのない刺激を与えれば筋肉は成長します。これがオーバーロードの法則です。筋肉に与える刺激を変化させるという意味では重さだけでなく、ベンチプレスのバーベルを握る幅だったり、いつもよりゆっくりバーベルを下ろしたり、いつもやる種目の順番を逆にしてみたりと色々工夫するのも効果的です。出典:https://jinmetsu.net/beginner-muscle/#i-2

同じ刺激では何も変わらない?

毎回同じことをしていても、鏡に映る自分は毎回同じということです。
つまり、毎日、腕立て50回、スクワット50回などと決めた回数やったところで体は何も変わらないということです。体が変わるということは、ある刺激を受けた時に、その刺激に適応しようとして体に変化が起きることを言います。今と違う姿になるのは、体が今のままではいけないと思うからです。出典:https://liftingdiet.com/overload_principle_total_set/

筋トレの負荷を上げる方法

筋トレの負荷を上げる方法としては以下のようなものがあります。筋トレの停滞(プラトー)の最大の原因は負荷に対する「慣れ」です。使用重量を上げることは基本ではありますが、それ以外の方法もトレーニング毎に組み込んで、刺激に変化をつけながら負荷を漸増させていくのがもっとも効率的です。
①使用重量を上げる
②レップ数を増やす
③セット数を増やす
④動作スピードを遅くする
⑤インターバルを短くする
⑥グリップを変える
⑦挙上角度を変化させる出典:https://www.sfphes.org/2019/09/overload.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です