工夫して筋肉を刺激しよう!筋トレ停滞期とは?

工夫して筋肉を刺激しよう!筋トレ停滞期とは?

工夫して筋肉を刺激する

筋肉に与える刺激を変化させるという意味では重さだけでなく、ベンチプレスのバーベルを握る幅だったり、いつもよりゆっくりバーベルを下ろしたり、いつもやる種目の順番を逆にしてみたりと色々工夫するのも効果的です。初心者のうちはこのやり方で面白いくらい、扱える重量、回数が増えるのでオーバーロードの法則は覚えて実践すると筋肉の成長も秒速で加速します。出典:https://jinmetsu.net/beginner-muscle/#i-2

どのようにして筋力の限界(最大筋力)を超えた負荷をかけるか?

レップ数・セット数の回数を増やす方法。例えば、70kgのベンチプレスを5レップ(5回)挙げれるのなら、その回数を7レップ、8レップと、一レップでも多く挙げることを目指す方法です。出典:https://spartan-log.com/overload-theory/#i

筋トレ停滞期

筋トレを始めた初心者は、最初は順調に筋肉が発達しますが、必ず一年以内に訪れる壁があります。それは、人間の身体が持つ防御作用により「限界まで追い込めない」という壁です。出典:https://www.sfphes.org/2019/09/overload.html

初心者にとってのオーバーロード

オーバーロード、つまり、継続して未経験の負荷をかけ続けると言っても、それはセット数を増やすことでしょうか、それとも、重量を上げることでしょうか。結論から言うと、初心者にとってはどちらもオーバーロードになります。初心者はセット数を増やしても構いません。むしろ、どんどん重量を上げて、フォームを崩すくらいなら、レップ数やセット数(トータルレップ数)を増やして、動作の習得に時間をかけるべきです。セット数を増やすというのには、ある部位につき種目数を増やすというのも含みます。出典:https://liftingdiet.com/overload_principle_total_set/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です