超回復時にはアミノ酸が必要?適切なトレーニング頻度とは?

超回復時にはアミノ酸が必要?適切なトレーニング頻度とは?

超回復時にはアミノ酸を!

運動後、24~48時間程の休息を取ることで、筋肉は激しい運動にも耐えられるように、自力で修復し、運動以前のカラダより強くなろうとします。その際に、筋肉の材料となる「アミノ酸」をたくさん取り込んで、筋繊維をより太くしようとします。これが超回復と呼ばれる現象です。超回復に必要とされる休息時間が長いのは、運動後、アミノ酸が筋肉に取り入れられるまでに24~48時間程かかる為です。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=1&category=muscle

超回復の効果を高めるトレーニング頻度は?

 超回復の効果を最大限に高めるためには、トレーニングスケジュール(トレーニングの頻度)をうまく作る必要があります。「超回復が起こる48~72時間は休息をとりたい」と考えると、トレーニング後に2日間はカラダを休める必要があるということになるでしょう。出典:https://melos.media/training/38384/2/

トレーニング後の超回復に48~72時間を要するなら、週2~3回は行える、はず。なのに、佐藤さんは「全身を6分割し、毎日1か所を鍛えますから、同じ部位を再度鍛えるのは6日後。つまり、回復に中5日を見ています」。一般人とはトレーニングのレベルが違うため、回復にはただならぬ時間を要するようだ。でも、翌日には他の部位も鍛えるから結局トレーニングは毎日です。出典:https://tarzanweb.jp/post-186019

限界101%で効果的に筋肉量を増やす!

「体を引き締めたい」「筋肉量を増やしたい」と考えた時、お決まりの運動メニューをただこなすだけでは意味がありません。先ほどお話した「超回復」の仕組みを利用するためには、筋トレをする際に自分の筋力の限界のほんのちょっと上、すなわち「101%」を意識する必要があります。自分の限界を理解し、それを少しだけ超していくことで、筋肉は次に想定される「負荷」に合わせて太く強くなっていきます。筋トレ直後、筋肉に「程よい張り」「適度な疲労感」が出ていれば、それは筋トレがうまくいっている証拠です。ぜひ、トレーニング後には自分の筋肉の張りを観察してみて下さい。出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/457195/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です