テストステロン値をあげるおすすめ筋トレと食べ物とは?

テストステロン値をあげるおすすめ筋トレと食べ物とは?

筋トレでテストステロン値が上がる?

テストステロンや筋肉を増加させたいのであれば、まずやるべきなのは筋トレです。筋トレは筋肥大にはもちろん、テストステロンの分泌にとっても重要な役割を果たします。筋トレによって筋肉がストレスを受け取ると、脳がそれに応答して筋肉を成長させるホルモンを分泌するように指令を出します。このタイミングでテストステロンが盛んに分泌されます。このように、筋トレはテストステロンの活性化という面からもバルクアップを後押ししています。さらに、この反応の強さは筋肉に加わった負荷の大きさに比例します。出典:https://myrevo.jp/fitness/397

テストステロン値をあげるおすすめ筋トレ

まずおすすめしたいのがスクワット。全身の筋肉量の7割ほどは下半身にあると考えられています。スクワットのような種目を行うと大きな筋肉を鍛えることになり、テストステロンが大量に分泌されます。テストステロンを増やしたい時は、まずは足を鍛えるようにしましょう!出典:https://myrevo.jp/fitness/391

テストステロン値をあげる栄養素

特にビタミンDと亜鉛をしっかりと体に取り入れているかどうかが、テストステロン分泌の重要なポイントになります。アメリカノースカロライナ州で行われた実験によると、ビタミンDの基準摂取量を守っている男性ほど、テストステロンの値が高い位置になっているとのこと。日本人のビタミンD基準摂取量は約5ug。魚の赤身部分100g程度が最適になります。さらに、ビタミンDと肩を並べて重要な「亜鉛」は、ほとんどの日本人男性が不足している成分です。亜鉛自体には直接的にテストステロンを増やす効果はなく、体調を整えて結果的にテストステロンの増量ということが期待できます。男性が1日に必要な亜鉛は12mgと言われていますが、1日の食事でとれる亜鉛の平均は8mg程度。亜鉛が豊富な卵などの食材を取れれば最も良いですが、取ることができない人はサプリメントでしっかりと補強するようにしましょう。出典:https://smartlog.jp/27030#S18425246

テストステロン値をあげるメニュー

男性ホルモンによい食べ物として挙がるのが、カキ、ウナギ、スッポン。これらはもちろん優秀な食材です。が、なかなか頻繁に食べられないごちそうです。 亜鉛も抗酸化ビタミンも、貯蓄ができません。一度に大量食べるよりも、少量でも毎日こまめに食べることが必要です。出典:http://shogyokai.jp/articles/-/1147?page=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です