筋肉におけるテストステロンの重要な役割とは?

筋肉におけるテストステロンの重要な役割とは?

筋肉におけるテストステロンの重要な役割

中年男性がジムなどで鍛えても20代の身体をなかなか再現できない一因としては、テストステロンの低下があげられます。健康な男性の血中テストステロン濃度は350から1000 ng/dLが正常といわれています。一方、男性のテストステロンは20代にピークを迎え下り坂になります。テストステロンの低下が激しいと加齢性腺機能低下症(LOH症候群)といわれ、運動しても筋肉の増強を果たせなくなります。テストステロンは筋肉を太くする様々な信号を発信しますので、テストステロンが不足していると、トレーニングや運動をしていても効果を最大化できなくなります。筋肉が落ちた、筋肉がつきにくいなどと悩んでいる方は、まずテストステロン血中濃度を測ってみることをお勧めします。出典:http://www.mens-health.jp/726

テストステロンは筋肉の分解を抑える

テストステロンは筋肉を大きくするだけでなく、筋肉の分解を防ぐ効果も期待されます。テストステロンは骨格筋細胞において細胞の自然死「アポトーシス」を抑制する効果を与えると考えられています。アポトーシスは生命の細胞環境を良好に保つために大切なものですが、過剰に起こると筋肉内の細胞が不足し筋肉が減っていまいます。テストステロンはアポトーシスを必要最低限のレベルに近づけることで、筋肉を守ってくれます。また、テストステロン値が高ければ筋分解を進めるホルモンである「コルチゾール」の値が低くなるとも考えられています。出典:https://myrevo.jp/fitness/397

筋肥大を促す

テストステロンにはタンパク質の合成を高め、筋肉を大きくする働きがあります。テストステロンが分泌されると筋繊維の表面にある「筋サテライト細胞」が活性化します。筋サテライト細胞は筋繊維の細胞核を増やし、筋タンパクの合成を促進します。これが筋肥大につながります。出典:https://myrevo.jp/fitness/391

テストステロンを増やす栄養素

亜鉛:別名「生殖ミネラル」、生殖細胞の活性に不可欠なものです。男性では前立腺や性腺に高濃度に含まれていて、性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係しています。カキ、ウナギ、牛肉などに多く含まれます。出典:http://shogyokai.jp/articles/-/1147?page=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です