トレッドミルとは?正しい使い方は?メリットは?

トレッドミルとは?正しい使い方は?メリットは?

トレッドミルとは?

いわゆる「ランニングマシン」と呼ばれる有酸素運動マシンの代表格で、ウォーキングやランニングを行うためのベルトコンベアー状の運動器です。出典:https://www.bodymake.jp/dictionary-of-bodymake-fitness.html

回転速度や角度が変えられる無限走行のベルトの上に乗り、ベルトの走行とは逆向き・定位置で走る装置。体力測定や立位による運動、特にランニング時の人体への負荷を測定するなどの医療目的のほか、トレーニングや健康増進のためにも用いられる。出典:https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%AB-586352

正しいフォームを身につけ、30分動き続けることが目標

まずトレッドミルの基本のハウツーを身につける。むやみにドカドカ走るだけでは、せっかくのトレッドミルの効用を生かせないからだ。最初は必ずウォーキングからスタートして5分間ほどウォーミングアップ。カラダがほぐれ、心拍数がそこそこ上がってきたらおもむろにジョグに移行しよう。目標走行時間は30分。最初はウォーキングを多めに設定してもよし。とにかく30分動き続けることを目指そう。スピードの上限は時速7km程度。慣れてきたらやみくもにスピードアップするより傾斜をつけて負荷アップするのがコツ。ケガも防げる。出典:https://tarzanweb.jp/post-176118

トレッドミルのメリット

スピードや距離が確認しやすい点や、天候や気温などの気象条件に左右されない点などです。長距離のレースでは、できるだけ一定のペースで走れた方が好記録につながります。そのためにペース走を取り入れているランナーも多いことでしょう。ところが普段、外で走る場合、距離の正確なコースで走らない限り確実なペース管理はできず、どうしても感覚に頼らざるを得ません。そう言った意味では、時速や走行距離が表示されるトレッドミルは有効な手段と言えると思います。また、季節や居住地によっては寒さや暑さなど厳しい環境条件でのランニングを強いられるランナーもいるはずです。その点、トレッドミルは室内での運動ですから気象条件に左右されることなくコンスタントに継続したトレーニングを行うことができます。出典:https://runnet.jp/smp/community/beginners/training/1188077_1647.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です