トレッドミドルのメリットは?傾斜をつけると効果的?

トレッドミドルのメリットは?傾斜をつけると効果的?

トレッドミルのメリット

最近のたいていのルームランナー(トレッドミル)は、衝撃吸収機能がついており膝や足首にもとても優しく、怪我のリスクが低いのが大きな特徴です。また、天候や季節・昼夜問わず室内の快適な環境の中で都合の良い時にジョギングやランニングが出来、信号待ちや、自動車などにも注意する必要がたいため、走ることに集中できるのも大きな魅力です。出典:https://www.fitelite.jp/%E3%81%8A%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A1%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%AB-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9/

・天候や気温に関係なく一年中気軽に走れる
・ベルトの上はクッションが効いているので足に優しい
・速度、傾斜の設定が可能なため、好きな強度で運動できる
・速度を設定できるので一定のスピードで走ることができる
・信号待ちなどの邪魔がないため集中して走り続けられる
・前に鏡があるのでランニングフォームが確認できる出典:https://50-run.com/treadmill-training/#i-2

ジョグ

カラダがほぐれてきたら、徐々にスピードを上げ、時速7km程度のジョギングにスイッチ。手すりを持たずに腕をしっかり振って走ろう。体幹はひねらずまっすぐキープ。出典:https://tarzanweb.jp/post-176118

傾斜をつける

トレッドミルでの効果的な走り方をアドバイスするとすれば「2~3%の傾斜」をつけて「ややピッチ気味」で走ることをお勧めします。軽い傾斜をつけることで、「押し」の動作が必要となり外でのランニング動作に近づきます。さらに、ピッチを意識して走ればオーバーストライドに陥る心配もありません。また、あまりスピードをあげなくても適度な負荷を得られ、心肺機能へのトレーニング効果も高まります。ただし、極端に傾斜をつけると、坂道を上るのと同じことになるので身体の後面の筋肉以上に大腿部の筋肉を使う比率が高くなるので注意が必要です。出典:https://runnet.jp/smp/community/beginners/training/1188077_1647.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です