乳酸っていったい何?乳酸って悪者なの?

乳酸っていったい何?乳酸って悪者なの?

乳酸とは?

乳酸(にゅうさん、lactic acid)は、有機化合物で、ヒドロキシ酸の1種である。キラル中心を1つ持つため鏡像異性体が存在するので、R体かS体かの区別が必要な場合がある。乳酸の塩やエステルは ラクタート あるいは ラクテート(lactate)と呼ぶ。解糖系の生成物として現れる。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E9%85%B8

乳酸とは、カラダを動かすエネルギーを作るため糖を分解している際にできる生成物です。短距離走やダッシュなど、短時間で高強度の運動では乳酸が溜まりやすいとされています。その理由は、運動のエネルギー源として糖が多く使われているからといえるでしょう。 以前はこの乳酸が、疲労を感じさせる物質として考えられていました。そのため、健康食品や医療品の中には、乳酸を除去して疲労を回復させるという謳い文句で販売されているものもあります。しかし、乳酸はいつまでも筋肉中に溜まっているわけではありません。30分も経てば乳酸は消えてしまうのです。そのことを考えても、「乳酸=疲れ」ではないということが分かりますね。出典:https://melos.media/wellness/31421/

乳酸は悪者なのか?

「乳酸は疲労物質」「乳酸値は低い方がいい」と思っている方は意外と多いのではないでしょうか。乳酸は決して悪者ではありません。出典:https://biz.arkray.co.jp/lact/hatta/

 「乳酸は疲労物質」という考え方がされていましたが、現在では乳酸が疲労を起こす物質であるという考えは間違いであるとされています。疲労した筋肉では乳酸の濃度が高くなり、筋肉のパフォーマンス低下がみられるけれども、乳酸がパフォーマンスの低下をもたらすのではないとされています。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/undou-shougai/hirou-busshitsu.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です