ストレッチングがもたらす4つの効果とは?

ストレッチングがもたらす4つの効果とは?

柔軟性を高める

ストレッチングを行う事で、筋の柔軟性(関節可動域)が高まる効果があります。日常生活で座位など同じ姿勢が続いたり、運動で同じ動作が繰り返されたりすることで筋の柔軟性に偏りが出始めます。筋は関節を通して骨に付着し、筋が収縮することで骨が動かされ腕や脚を曲げることができますが、筋の柔軟性に偏りが出始めると、硬くなった部分では動きが制限されるようになります。例えば脚を開きたい(開脚したい)のに内転筋(腿の内側の筋肉)が硬くてできないという状態では、硬くなった内転筋が関節や骨を引っ張り、動きを制限しているということです。そこでストレッチングを行い内転筋の柔軟性を高めると、関節や骨が引っ張られることなくスムーズに開脚ができるようになります。柔軟性を高めることは、同時に関節可動域を高めることを意味します。身体中の筋の柔軟性が高ければ、動きが制限されることなく、広い関節可動域を得ることができます。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/stretching.html

ケガを予防

集中的に運動した後、なぜか腰が痛い……という経験はありませんか? これがいわゆる、スポーツ傷害といわれるもの。これらの傷害予防と、特に多いといわれている筋肉性の腰痛症には、ストレッチが効果大。出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/46521/#2

リラクゼーション

全身のストレッチを30分程度行い、その前後で脳波や自律神経活動がどのように働いているかを測定する実験がありました。その結果、前頭葉で発生するα波の増加や心拍数の低下が認められ、ストレッチには副交感神経の働きを優位にさせ、リラクゼーション効果をもたらす働きがあることが明らかになりました。出典:https://cp.glico.jp/powerpro/training/entry39/

抹消循環の促進

筋肉が凝り固まっている状態だと血流が悪くなりやすいのですが、ストレッチを行なう事で筋肉が伸張されて血液循環が良くなります。よって、全身の血液の流れが良くなり筋肉に溜まった老廃物も除去され、疲労回復の効果があると言われています。出典:https://pump-climbing.com/physicalblog/?p=155

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です