テストステロンの効果を弱めてしまう行動とは?

テストステロンの効果を弱めてしまう行動とは?

テストステロンの効果を弱めてしまう行動

喫煙(電子タバコやニコチンガムを含む)。喫煙によってテストステロン値が上がるという報告があるものの、一方で、体内で利用されるテストステロンを下げるというデメリットもあります。出典:http://muscle.holdings/testosterone/#i-16

アルコールを大量に摂取すると、身体的にストレスを感じてしまい、男性ホルモンの中枢である視床下部の機能が低下します。そして結果的に、テストステロン値が下がってしまいまうことも。ただし、適量のアルコール(※人によって適量に個人差あり)であれば、ストレス解消につながるため、アルコール自体がNGという訳ではありません。日にちを決めて“軽く”お酒を嗜むことが大切です。出典:https://smartlog.jp/27030#S18425246

大量のお酒を飲んでしまうとテストステロンが減少する恐れがあります。さらに、アルコールの摂取はコルチゾールの分泌につながるので、筋肉にとっては好ましくない状況を生んでしまいます。出典:https://myrevo.jp/fitness/391

亜鉛とビタミンD

テストステロンと関係の深い栄養素として、亜鉛とビタミンDは頻繁に取り上げられます。亜鉛はタンパク質の合成やその他の代謝活動に関わる酵素の働きを助け、ホルモンの材料としても活躍するミネラルです。テストステロンはもちろん、筋肉などの体内組織に栄養を運ぶインスリンも亜鉛を材料とします。筋肥大が目的でテストステロンを増やしたい方は摂取しておきたい栄養素です。牡蠣や牛肉などの食品が亜鉛を多く含んでいます。亜鉛は汗で流れてしまうので、発汗量が多い方は意識的に摂取してみてください。ビタミンDにはテストステロンを増やす効果があるとする研究も多く、摂取がすすめられています。また、ビタミンDはシグナル伝達経路「mTOR」の活性化に関与し、筋タンパク合成を促進させるとも考えられています。出典:https://myrevo.jp/fitness/397

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です