カフェインとサーモンはテストステロンを増やす?

カフェインとサーモンはテストステロンを増やす?

テストステロンとカフェイン

手軽にテストステロンを高められる方法の一つにカフェインの摂取があります。カフェインはテストステロンを増加させると考えられており、その効果を伝える研究報告も多数あります。一例として、トレーニング前に800mgのカフェインを摂取したラグビー選手たちのテストステロン値が21%上昇したという研究があります。コーヒーでカフェインを摂る場合は、余分な糖の摂取を避けることができるブラックコーヒーがおすすめです。ブラックコーヒーとプロテインを混ぜてトレーニングの前後に摂取することで、より大きな筋肥大効果を狙うことも可能です!出典:https://myrevo.jp/fitness/397

テストステロンとサーモン

サーモンは、泳ぐアンチエジングフード。アスタキサンチンというピンクの色素はストレスに弱いホルモン全般の低下を防ぎます。さらに、今話題の強力な抗酸化栄養素「ビタミンD」が断トツで、強くて若い骨格筋を維持します。食べるときはレモンをぎゅっと絞って。ビタミンCが吸収率をアップさせます。出典:http://shogyokai.jp/articles/-/1147?page=3

テストステロンが減少する行動

トレーニング時間が長すぎると、テストステロンを低下させるコルチゾールというホルモンが多く分泌されるようになります。コルチゾールには筋分解を促進する作用もあるため、せっかくの筋肉が減ってしまうかもしれません。1回のトレーニング時間は1時間、長くても1時間以内に徹底することをおすすめします!出典:https://myrevo.jp/fitness/391

ストレッチはテストステロンを増やす

男性ホルモンの中枢である、視床下部。ストレッチを行うと関節や筋肉が刺激されるため、いつも以上に視床下部が敏感に動き始めます。その結果、男性ホルモン(テストステロン)が多く分泌されます。ストレッチのタイミングは、睡眠の前後である夜寝る前と、朝起きてから1時間以内がベスト。体の軟らかさは血行も良くするため、ストレッチは誰にでもおすすめの方法です。出典:https://smartlog.jp/27030#S18425246

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です