ネガティブレップ法の効果とは?デメリットはあるの?

ネガティブレップ法の効果とは?デメリットはあるの?

ネガティブレップ法の効果

なぜ、ネガティブレップ法が筋肉の成長を促す方法として活用できるかと言うと、筋肉が伸びながら力を発揮するネガティブ動作は筋繊維の微細な損傷が生じやすいからです。筋繊維の微細な損傷は筋肥大を促すための重要な要素のひとつであることから、ネガティブレップ法は筋肉の成長に有効なテクニックであるとされています。出典:https://www.kintore.tv/negative-rep/

研究では、ウエイトを下げるエキセントリック収縮(ネガティブ動作)の局面の方が、コンセントリック収縮(ポジティブ動作)の段階よりも、インスリン様成長因子(IGF)-1といった同化ホルモンの生成をより刺激する事が認められています。つまり、トレーニングで、時々、ネガティブレップを行うことは、筋サイズ、筋力両方を強化する事になるわけです。出典:https://40workout.com/2013/05/negativ/#toc1

そもそも筋肉が大きくなるのは、筋肉が負荷を受けることで、その負荷に適応しようとするからです。この負荷は様々ですが、その一つに「筋繊維の微細な損傷」があります。「筋肉がダメージを受け、それを回復する」ことで筋肥大につながるというパターンです。筋肉は伸ばす際の方がダメージを受けやすくなっており、筋肉痛の多くはネガティブ動作によるものです。ゴムが強く伸ばされると傷が入るように、筋肉も伸びることでダメージを負います。この筋肉へのダメージを効果的に与えられるのがネガティブトレーニングの特徴で、筋肥大を目指すのに適しているとされる理由です。出典:https://toremo.jp/archives/7296

デメリットはあるの?

オーバーワークの可能性が高まる。高強度トレーニング全般に言えることだが、筋肉へのダメージが高いため、コルチゾルレベルも高まりやすい。出典:http://liebetf.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です