レジスタンストレーニングについての理解を深めよう!様々な効果が!

レジスタンストレーニングについての理解を深めよう!様々な効果が!

レジスタンス運動の目的

レジスタンス運動は主に筋力を向上させることを目的に行われます。さらに負荷や頻度、回数を調整することで筋力だけでなく、筋持久力、筋パワーを向上させることができます。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/resistance.html

怪我等の予防

怪我等の予防は、全てのアスリートに共通する課題だと思います。ある研究2) では、適切にレジスタンストレーニングを行うことで、怪我のリスクが1/2~1/3に減少することが報告されています。補強であるレジスタンストレーニングに時間を割くと、メインである競技練習の時間が削られると考える人もいるかもしれません。しかし、怪我をしてしまえば競技練習を中断したり、試合を欠場したりすることになります。したがって、私は怪我予防のためにもレジスタンストレーニングに少し時間を割いても良いのではないかと考えています。出典:https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2015/10/26/6805/

糖尿病のトレーニング?

レジスタンス・トレーニングは、糖尿病では糖・脂質の代謝を促進します。加齢とともに落ちた筋力や体力のため生じる日常生活能力の低下や障害を予防します。呼吸器疾患では運動耐容能を向上させます。
 また以前は高齢者や高血圧、循環器疾患の方は危険なので行ってはいけないと考えられていました。しかし、方法に注意すれば安全であることが証明され、むしろ好ましい効果があると認識されるようになりました。
  呼吸器疾患、高血圧、循環器疾患などは高齢の方に多いので、レジスタンス・トレーニングは実は高齢者ほど習慣づけていただきたい運動なのです。出典:http://www.m-junkanki.com/lectures/0410reg/0411-reg1.html

具体的なトレーニング内容とは?

スクワットや腕立て伏せ・ダンベル体操などの標的とする筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動をレジスタンス運動と言います。10-15回程度の回数を反復し、それを1-3セット無理のない範囲で行うことが勧められます。
レジスタンス運動にはダンベルやマシンなどの器具を用いて行う方法と、スクワットや腕立て伏せのように自体重を利用して行う方法があります。自体重を用いて行う方法は手軽に行えることから、筋力向上の指導プログラムに広く活用することができます。しかし負荷の大きさを調節しにくいという欠点もあります。例えばスクワットならしゃがみ込む深さを調節する、机などに手をついて行う、何かを持って行うなどの工夫で負荷の調節をすると良いでしょう。出典:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-058.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です