HIITはテストステロンを活性化させる?ポジティブシンキングが大切?

HIITはテストステロンを活性化させる?ポジティブシンキングが大切?

HIITはテストステロンを活性化させる?

HIIT(High Intensity Interval Training)は短時間の運動と休憩を繰り返して体を追い込むトレーニング方法です。具体的なやり方をご説明します。最初に腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの種目を4つ選びます。各種目を20秒行い、10秒の休憩を挟んでから次の種目へ移ります。4種目連続で行い、2周すれば完了です。高重量で行うわけではありませんが、インターバルが短く体力も使うので強度はかなりのものです。高齢の男性がHIITを6週間行ったところ、テストステロン値が向上したという研究結果も存在します。たった4分で終了するので、時間があまり取れない方でも実践可能です!出典:https://myrevo.jp/fitness/391

あまり筋トレに時間を割けない方には、計4分で終えられる「HIIT(High Intensity Interval Training)」がおすすめです。HIITは運動と短めのインターバルを連続でこなすトレーニング方法です。やり方は、プッシュアップなどの筋トレ種目を4つ選択し、20秒間の運動と10秒間の休憩を繰り返すというものです。全体で4種目×2周を行います。トレーニング時間は短いですが、休憩時間も短いため強度が高くかなり追い込まれます。出典:https://myrevo.jp/fitness/397

赤ワインはテストステロンを増加させる?

テストステロンを増やしたいなら、赤ワインがオススメ。レスベラストールという色素の強い抗酸化作用がポイントです。おつまみにはアーモンドチョコを。アーモンドはホルモンなどの合成に必要なビタミンEや亜鉛が豊富。またチョコレートにはカカオポリフェノールという抗酸化物質と、メンタルをリラックスさせるハッピーホルモンと呼ばれるテオブロミンが含まれます。ストレス軽減で、テストステロンの低下をブロックしましょう。出典:http://shogyokai.jp/articles/-/1147?page=3

ポジティブシンキングが大切

男性ホルモン(テストステロン)の分泌には心理状態が深く関わっています。アメリカの某大学教授は、スポーツの大会で勝ったチームの男性はテストステロン値が高く、負けたチームはテストステロンがほとんど分泌されていないという衝撃の事実を突き止めました。負けた→落ち込む、というネガティブな心理状態は、テストステロン値にマイナスの影響を与えます。常に前向きでポジティブな生活を送ることこそ、テストステロン値を上げる近道です。出典:https://smartlog.jp/27030#S18425246

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です