ホリスティック法とは?具体的なやり方とは?

ホリスティック法とは?具体的なやり方とは?

ホリスティックとは?

ホリスティックというのは、「全体的な」または「包括的な」という意味があり、筋線維を作っている速筋と遅筋を極限まで使い切る方法と言えます。出典:http://www.takanishi-fumitoshi.com/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E6%B3%95%E2%91%A0/

ホリスティック法とは?

「重い負荷でトレーニングしたあと、50%1RMくらいでオールアウトする1セットを加えることで、高出力のスタミナがつくのと同時に、成長ホルモンの分泌が良くなる。」出典:https://ameblo.jp/magopon/entry-10915603977.html

具体的には?

筋肥大を加速させるトレーニング法の二つ目がホリスティック法です。トレーニングは3セット行なうものとして説明します。まずは5RMの負荷で3セット行います。3セット目が終わったら、休まずに一気に負荷を5割程度(半分の負荷)まで落とし、筋肉をオールアウトまで追い込みます。この方法だと筋力と筋持久力を一緒に鍛えることができるので、スタミナも一緒に付けたいのであればホリスティック法がおすすめです。ディセンディング法とホリスティック法の二つのトレーニング法を紹介しましたが、筋肥大を目的とするならばディセンディング法の方が効果が高いというデータがあるそうです。どちらを行なうにしても必ず最後はオールアウトするまで追い込んでください。一番軽い負荷の時にまだ20回以上も拳上できるようなら重量設定が間違っているか、フォームが間違っていて負荷がターゲットに効いておらず、他に逃げている可能性があります。そこはご自身でいろいろ試して負荷設定を行なってみてください。出典:https://mintore.com/tore15/

5RMの負荷で3セット行います。ここから、休むことなく負荷を50%落とした状態で筋肉をオールアウトまで追い込む方法です。この方法は、筋力と筋持久力の両方が鍛えられる、という長所があります。データなどでは、筋肥大に関してはディセンディング法の方が効果的である、といわれています。重要なのは、どちらの方法を行うにしても、必ず筋肉をオールアウトさせることです。負荷を軽くしていって20回以上できる場合は、負荷設定かフォームに間違いがあるはずです。できればトレーナーの指導の下で、負荷とフォームを確認してもらいながら行うと効果的でしょう。出典:http://www.sin9-sekko2.com/archives/2049

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です