レジスタンストレーニングの様々な効果とは?

レジスタンストレーニングの様々な効果とは?

レジスタントレーニングの効果

レジスタンストレーニングの効果としては,神経系の改善,筋力の増加,筋肥大,筋線維組成の変化,そして,運動機能の向上などが挙げられます。出典:http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject03/no4/html/section19.html

レジスタンストレーニングで、期待できる効果(トレーニングの目的)は、大きく分けて、最大筋力を高めることと、筋持久力を高めることに別れます。出典:http://physiqueonline.jp/training/page541.html

レジスタンス運動を始めたばかりの初期では、神経系の機能が向上することでより多くの筋線維が動員されるようになります。その後、筋線維が太く強くなっていきます。レジスタンス運動を行うことで筋力、筋持久力、筋パワーが向上し、同時に運動の種類によっては関節可動域(柔軟性)、バランス能力の向上も期待できます。そのため日常生活では転倒や障害の予防、スポーツの場面ではパフォーマンスの向上など、目的に応じて適切に行うことで多くの効果を得ることができます。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/resistance.html

運動パフォーマンスの向上

レジスタンストレーニングによる運動パフォーマンスの向上というと、筋力・パワー系競技種目のことがまっ先に思いつきますが、持久系競技種目でもレジスタンストレーニングを行うことで運動パフォーマンスが向上する可能性があります。日常的に持久系トレーニングを行っているアスリートにレジスタンストレーニングを行わせると、持久系トレーニングだけを続けた場合よりも持久系の運動パフォーマンス(一定の時間内に発揮できるパフォーマンスやラストスパートなど)が上がることが報告されています3, 4) 。メカニズムが完全に解明されている訳ではありませんが、運動効率の改善(ある強度の運動を少ない消費エネルギーで実施できるようになること)が一つの重要な要素になっているようです。一方で、レジスタンストレーニングによる持久系の運動パフォーマンスの向上効果は、レジスタンストレーニングをしばらく止めてしまうと、消えてしまうという報告3) もあります。したがって、持久系アスリートであってもオフシーズンだけレジスタンストレーニングをやれば良いという訳ではなさそうです。なお、ここで言うレジスタンストレーニングとは、筋持久力を上げたり筋肥大を起こしたりするようなトレーニング(低~中強度×高回数)ではなく、全力に近い筋力や爆発的(瞬発的)な筋パワーを発揮するようなトレーニング(高強度×低回数)を指しています。出典:https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2015/10/26/6805/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です