ネガティブレップ法とは?どのように行うのか?

ネガティブレップ法とは?どのように行うのか?

ネガティブレップ法

ネガティブレップ法は、筋肉­が伸びながら力を発揮するエキセントリック収縮(下ろす動作または戻す動作)を重視して反復するトレーニングテクニックです。筋繊維の損傷を促すことから筋肥大に有効とされています。出典:https://www.kintore.tv/negative-rep/

『ネガティブ』とはトレーニングにおいて筋肉が伸張――『引き伸ばされる』時のことです。
スクワットやプレス(下ろす)種目なら『下ろすとき』
ラットプルダウンなどプル(引く)種目なら『腕を伸ばすとき』
別名、エキセントリック収縮と呼ばれます。出典:http://liebetf.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

ネガティブ動作はエキセントリック収縮とも呼ばれ、日本語にすると伸張性動作もしくは伸張性収縮となります。これは前述の通り「筋肉が力を発揮しながら伸びる状態」を指しています。出典:https://toremo.jp/archives/7296

ネガティブレップ法のやり方

重量の設定は5回から8回程何とか自力で挙げられる重さで、動作の最期のレップからさらに2〜3回下記の要領で行なってください。動作の半分となるウエイトを上げる局面(ポジティブ動段階)は、スポッター(補助者)の援助を受けて行う。そしてもう半分の局面であるネガティブ動作(ウエイトを下ろす段階)に重点をおき、この段階のみを自力で行う。2〜3回がギリギリの高重量は危険ですので、やめましょう。いくらエキセントリック収縮が力を発揮できると言えども怪我のリスクは避けてください。出典:https://40workout.com/2013/05/negativ/#toc1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です