レジスタンストレーニングとは?どんな効果があるの?

レジスタンストレーニングとは?どんな効果があるの?

レジスタンス運動とは?

筋力は一定の負荷をかけることによって維持・向上します。筋に負荷をかけたトレーニングのことをレジスタンス(Resistance:抵抗)運動といいます。筋力トレーニング=レジスタンス運動と考えても良いでしょう。レジスタンス運動は自分の体重やチューブ、ダンベル、バーベルなど負荷のかけ方によって行い方が変わるため、種類は多岐に渡ります。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-training/resistance.html

レジスタンスは「抵抗」という意味ですので、レジスタンス・トレーニングとは、「抵抗運動」ということになります。つまり、負荷をかけて筋力、筋持久力を高める運動のことです。出典:http://www.m-junkanki.com/lectures/0410reg/0411-reg1.html

レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)とは、普段よりも少し「からだに抵抗負荷(レジスタンス)をあたえること」ができれば、「体を変える」ことになる・・・とした「トレーニング」の一分野になります。出典:http://physiqueonline.jp/training/page541.html

レジスタンストレーニングの効果

レジスタンストレーニングを含む、コンディショニングやトレーニングの主な目的は、①怪我等の予防と②運動パフォーマンスの向上です。言い換えると、レジスタンストレーニングは、これら2つの目的を達成するための手段の一つになり得るということになります。出典:https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2015/10/26/6805/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です