プライオメトリクストレーニングとは?そのメカニズムとは?

プライオメトリクストレーニングとは?そのメカニズムとは?

プライオメトリクスとは

人はより高く、またはより遠くに跳躍したい時、跳躍前に素早いしゃがみこみを行います。これがプライオメトリクスです。
プライオメトリクスは主にジャンプ動作の時に使われる技術でバレーボールやバスケットボール、テニス、陸上などの様々な運動で使われています。立ち幅跳びや垂直跳びなどのジャンプする動作で主に使われる技術ですが下半身に限ってことではなく、離地時に手を叩くジャンプ腕立て伏せなどの上半身の運動でも使われます。出典:http://yulae1208.com/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%81%AF

プライオメトリクストレーニングとは?

プライオメトリック(プライメトリクス)というのは、ジャンプなどの瞬間的なパワーを発揮させることで、筋肉の瞬発力を高めることをいいます。例えば、陸上部の短距離選手でスタート時のダッシュ力を高めたいという場合、プライオメトリック(プライメトリクス)トレーニングをおこなうことで筋肉の瞬発力が上がり、スタート時のダッシュがはやくなるという効果があります。出典:https://www.fungoal.com/plyometrics/

プライオメトリクスのメカニズム

プライオメトリクスとは、簡単に言うと、素早いエクセントリックな筋活動の直後にコンセントリックな筋活動が行われると(ストレッチ・ショートニング・サイクルと呼ばれる)、コンセントリック筋活動だけの時よりも短時間でより大きな筋力が発生しやすいという性質を利用して、連続ジャンプや高いところから飛び降りてすぐにジャンプするといったエクササイズの方法を用いることにより、そうした筋力発生の能力を高めようとするものです。なぜ、ストレッチ・ショートニング・サイクルにおいて大きな力が発生するかは、

①筋が急激に引き伸ばされることに対する伸張反射の働き、

②ストレッチによって貯蔵された筋や腱の弾性エネルギーが短縮局面で再利用される、

③短縮局面の開始前により大きな筋力に到達できること、が考えられており、このようにして増大する筋力は、

④ゴルジ腱反射によって一部分は抑制されるとみなされています。

したがって、トレーニングの目的は、①②③が効果的かつ必然的に生じるような場面を作って、意識的にそうした機能を引き出しつつ、④の反射を抑制することにあるといえるでしょう。
出典:http://www.sandcplanning.com/news/category/detail/?cd=99

瞬発力を鍛えると同時に筋トレ要素も取り入れることができるプライオメトリック(プライオメトリックス)トレーニングです。プライオメトリック(Plyometric)という言葉を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、プライオメトリックは筋肉の伸縮サイクルをうまく使うことで爆発的な瞬発力を生み出し、キレッキレのプレーを手に入れたいサッカー選手にとても有効なトレーニングなので一緒にやってみましょう!出典:https://www.athlete-collection.com/soccer-training/quickness/plyometric-instantaneousforce-training/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です