パーシャルレップ法にはデメリットがある?

パーシャルレップ法にはデメリットがある?

パーシャルレップ法とは?

パーシャルレップ法とは、トレーニングメニューの最終セットで挙上限界をむかえても、可動する範囲で動作を続け筋肉が動かなくなるまで動作を続ける筋トレ方法です。非常にハードに追い込める上に、単独トレーニングでもチーティングなどより危険度が少ないのが特徴です。出典:https://www.sfphes.org/2019/10/partial-set.html#chapter-1

デメリットは?

筋肥大効果において格段に優れているわけではない。パーシャルレップ法は、通常のトレーニングに+αするだけの小技程度という考え方もできるので、他のトレーニング方法(クラスタートレーニング、レストポーズ)などのように特別な筋肥大効果があるかと言われたら、そうではないかもしれません。出典:https://jinga-fitness.jp/partial-reps/

パーシャルレップ法のデメリットとしては、可動域が狭いため関節への負担は少ないですが、その分筋肉への刺激は少なくなってきます。また、コンパウンド種目などで行った場合は特定の筋肉にのみ負荷がかかるため、全体を効率よく鍛えることにおいては不利なトレーニング方法と言えるでしょう。出典:https://www.thinx-fit.com/entry/partialrep

ケガのリスクが低い

可動域を制限して動作を行うため、通常のトレーニングよりもケガをする危険が少ないです。例えばデッドリフトをパーシャルレップ法で行う場合、ハーフ・デッドリフトをするという選択肢があります。ハーフ・デッドリフトは通常のデッドリフトよりも腰に負担がかかりにくく、思わぬケガのリスクを下げることのできるトレーニングです。出典:https://stoicotoko.com/partial-rep/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です