筋肉痛のメカニズムは不明?筋肉痛時は休むのが一番?

筋肉痛のメカニズムは不明?筋肉痛時は休むのが一番?

筋肉痛のメカニズムは不明

筋トレをした翌日や翌々日にやってくる痛み。このような一般的な筋肉痛は「遅発性筋肉痛」と言う。この「遅発性筋肉痛」は、数日から1週間程度で自然に治癒するが、そのメカニズムははっきりとわかっていない。激しい運動により筋繊維が損傷することで炎症が起こり、筋繊維の修復時に痛みが起こる説が有力とされているが、そうではないとする研究結果もある。ここでは有力な説を詳しく見ていこう。筋肉の中にある筋繊維の損傷は、激しい運動をすることで起こる。筋繊維が損傷すると、それを治そうとして白血球が集まり、筋繊維に炎症が起こる。するとヒスタミンなどの刺激物質が産生し、筋膜を刺激する。筋膜には知覚神経が通っているため、痛みとして感じるようになる。これが筋肉痛である。筋繊維自体には痛みを感じる神経はないため、損傷時には痛みを感じないが、炎症が起こり筋膜を刺激されることで痛みが生じる。このタイムラグが、運動後すぐではなく1−2日経ってから筋肉痛が出てくる理由だ。出典:https://www.mamatenna.jp/article/e/174248/

筋肉痛のときに筋トレをしてもいいか

トレーニング効果を最大限に出すためには、筋肉痛が出ている部位のトレーニングは行わない方が有効といえるでしょう。
筋肉痛が出ている間は、まだ筋繊維の修復が終わっていないことを示しています。
筋肉痛は筋の、炎症から起こるダメージによる痛みです。筋肉痛の発生する原因については、医学的な詳細がまだはっきりとわかっていませんが、運動によって傷ついた筋繊維を修復するためのメカニズムの一部とされています。出典:https://cp.glico.jp/powerpro/training/entry41/

筋肉痛は、筋肉が修復しているときに起こる痛みです。その点からすると、筋肉痛が出ているときには、その筋肉に大きな負荷をかけない方がよいでしょう。また、筋肉痛が出ていると「痛みで全力を出せない」「痛みで集中できない」「痛みで関節可動域が狭くなる」などのデメリットがあり、効果的にトレーニングを行えなくなってしまいます。筋肉痛が出ているときは休息するか、軽い運動に留めて筋肉の修復を優先させた方が効率的です。出典:https://melos.media/training/32568/

毎日の筋トレは、筋肉が修復される前にさらに筋繊維を傷つけることになります。よって、筋肉痛が伴っている場合は、痛みによって自分に適した負荷を与えられないことから、筋力トレーニングの効果は乏しいと考えられています。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=149&category=muscle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です