筋肉痛と年齢の関係性は?筋肉痛はあったほうがいい?

筋肉痛と年齢の関係性は?筋肉痛はあったほうがいい?

筋肉痛と年齢の関係性

「筋肉痛が2~3日後にくるのは、歳をとった証拠」という言葉をよく聞きますが、筋肉痛と年齢に因果関係はないとされています。関係があるのは“運動強度”です。強度が高い運動を行うと筋肉痛は比較的早く訪れ、逆に強度が低い運動を長時間行うようなパターンでは、筋肉痛が遅れてやってくることが多いのです。出典:https://melos.media/training/32568/

筋肉痛がない=ダメではない

筋トレにより筋組織が傷ついた状態では、筋組織自体が痛みを発しているわけではない。筋組織が回復する途上で発痛物質が分泌されることにより、筋膜が刺激され、これが筋肉痛につながる。慣れているトレーニングを行っている場合、筋肉痛がそれほど出てこないと実感する方も多いだろう。これは、効果が出ていないわけではなく、普段よく動かしている筋肉だったり、筋繊維をほとんど傷つけなくても動かせる動作だったりするのが要因の一つだと考えられる。つまり、はじめは筋肉痛がひどかったのに最近は全く痛みが出ないというのは、筋肉がそれだけ成長した証。このような場合は、少しずつ負荷を増やしたトレーニングを取り入れよう。出典:https://www.mamatenna.jp/article/e/174248/

筋肉痛が起きるほどの筋トレは、筋力・筋肉が付いている関節の可動域にも影響を与えます。
適した負荷をかけて筋トレを行った場合、連続して行おうとしても扱える重量は下がり、可動域が狭くなるのが正常な体の反応です。
筋肥大・筋持久力などこれまで以上のパワーを筋肉につけたい場合は、しっかりと筋力だけでなく可動域も回復させてからトレーニングするとさらに効果が生まれるでしょう。出典:https://cp.glico.jp/powerpro/training/entry41/

同じ負荷でトレーニングを続けていると、筋肉痛が起こらなくなります。効果がなくなったのではなく、その動作に筋肉が慣れて筋肉繊維を傷つけることなく動かせるようになったということです。
筋肉痛にならず動かせるようになったら、かかる重さや力を増やす、速さを出すなど少しずつ負荷をかけていきましょう。怪我の原因となるので、加減を見ながら極端に増やしすぎないようにします。出典:https://www.zehitomo.com/blog/client/muscle-pain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です