筋力向上のためのパーシャルレップ法のやり方とは?

筋力向上のためのパーシャルレップ法のやり方とは?

筋力向上のためのパーシャルレップ法のやり方

筋力向上を目的とする場合は、スティッキングポイント近辺を集中的に反復する方法が採用されることが多いようです。この方法を採用することで、筋力発揮が最も弱くなるポイントを重点的に鍛えられます。ただし、トレーニングを行った範囲の筋力はアップするものの、可動範囲外までは効果が及ばないこともあるので、注意して置く必要があるでしょう。出典:https://mamepunch.com/?p=2382

どんなメリットがあるの?

怪我でもトレーニング出来る。パーシャルレップ法が本格的にプログラムに取り入れられる場合というのは「怪我のリハビリ」です。関節を怪我してしまい、ここまで動作すると痛む。という場合にパーシャルレップ法がよく用いられます。筋トレには怪我が付きものです。しかし、軽度な怪我で毎回トレーニングを中止してしまっていたのでは筋肉の成長は望めません。パーシャルレップで怪我をしている部位に負担をかけずにトレーニングしていきましょう。出典:https://jinga-fitness.jp/partial-reps/

他の多くのトレーニング法と異なり、セットの途中でもパーシャルレップに切り替えることが可能です。本当は8レップ行う予定だったのに、予想よりも筋肉が疲労して8レップ目がしっかりと挙がらない場合にパーシャルレップで無理やり挙げるということができます。8レップ目を諦めて7レップで終わるよりも、パーシャルレップでもダメ押しで挙げてみる方が効果的です。このように、その場で思い付きで行うことができるのがパーシャルレップ法のメリットです。出典:https://stoicotoko.com/partial-rep/

パーシャルレップ法の効果とは先ほども書いたように、通常よりも浅い軌道で通常より高レップを行うことで筋肉に対して普段よりも高い負荷をかけることができ、筋肥大に効果を発揮します。ただし、可動域を狭くしてレップ数を稼ぐため、フォースドレップ法のように最後の追い込みに対しての高負荷はそこまで期待できるものではありません。出典:https://www.thinx-fit.com/entry/partialrep

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です