細マッチョになるためにはパンプアップが不可欠?そのメカニズムとは?

細マッチョになるためにはパンプアップが不可欠?そのメカニズムとは?

細マッチョになるにはパンプアップが不可欠

パンプアップとは筋肉に負荷をかけた時に負荷をかけた部位が膨れ上がって張りがある状態を指しており、これによって筋肉は大きく見えます。つまりパンプアップは体を大きくみせキレのあるボディを作ってくれます!出典:https://kazamashiki-kintoremethod.hatenablog.com/entry/2018/10/09/155207

筋トレを行ってエネルギーを消費する

筋トレとは、普段かけないような大きな負荷をかけることで鍛える方法。身体をしっかり動かすために、普段よりも多くの体内にあるエネルギーを消費して日常以上の力を発揮します。すると、消費したエネルギーを血液から補給しようとして消費した筋肉に血液を集めようと動き出します。この血液の動きにより、負荷がかかった筋肉が太くなり、パンプアップするのです。出典:https://smartlog.jp/153188#S22114066

パンプ・アップのメカニズム

それでは、パンプ・アップはどのようにして起こるのでしょうか。筋肉が活動するとエネルギーを使います。すると、乳酸や二酸化炭素などの代謝産物が生成されます。これらは、筋線維から運び出されると、毛細管の透過性(水などの通りやすさ)を増し、動脈を拡張させるようにはたらきます。このような状態で運動後に静脈圧が急降下すれば、筋内は血液が通りやすくなっているので、代償的に過大な血液が流れます。さらに、筋線維の間の空間には代謝産物がたまり、浸透圧が高くなっているので、血液から血しょう成分が侵出してきます。その結果、筋肉が「水ぶくれ」になり、体を循環する血液量がその分減少します。ボディビル競技でパンプ・アップしすぎると、往々にして筋肉の「切れ味」がなくなるのは、このためです。出典:https://www.webleague.net/information/coach/qandadet.php?qandaid=363&teachid=3

パンプアップはした方が良い?

ここ最近、部位によっては高重量による負荷よりも「代謝系の負荷」の方が筋肉増加に貢献する場合があることが分かってきました。この代謝系の負荷というのは「パンプアップさせるトレーニング」のことだと考えてもらって構いません。筋肉内に体液を充填させると人間の体は「これは大変!もっとたくさん体液を保持できるようにならなきゃ」という反応を起こします。それがすなわち筋肉のサイズアップというわけです。出典:https://yaziup.com/body-care/weight-training/18531

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です